2015年にグラビアデビューしてから、存在感ある90cmのGカップバストにド迫力のグラマラスボディーで、一躍ポチャドルの代表格となった紺野栞。

今年3月にテレビ東京系で放送された「出没!アド街ック天国」では、お色気たっぷりの入浴シーンを披露してネットなどで大フィーバーを巻き起こしたのは記憶に新しいところだ。そんな彼女が最新DVD『君色フレーバー』(イーネット・フロンティア)をリリース。その発売イベントが12日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、ド派手なボディを披露してくれた。

「デザインが夏らしいと思って、この水着を買ってみました。センターにジッパーがあるんですけど、おっぱいの形が綺麗に見えるんです♪」とイベントのために新調したというセクシーな水着姿で登場した紺野。さすがに水着姿ともなると自慢のバストが溢れんばかりで、そのGカップはまさに国宝級とも言うべきド迫力。

そんな彼女のバストを堪能できる今作は6月にバリ島で撮影され、「バリ島も今回で2回目ですし、スタッフさんも顔見知りの方ばかりでしたから、リラックスして撮影に臨むことができました」という紺野がセクシーなエステシシャンに扮し、視聴者を見立てたお客さんと恋に落ちるというストーリーとなっている。「エステシシャンの格好でスタートし、お客さんと告白しあって恋愛に発展していきます。そこから物語が始まり、お風呂の掃除をしたりセクシーなビスチェを着させてもらったりと、色んなシーンが展開されていきます」と内容について説明し、「お気に入りはお風呂のシーン。このシーンで水を掛けられてビチャビチャになり、着ていたシャツが透けておっぱいの加減が分かるかも(笑)。そのシーンを見て、自分でも『エロいな』って思いました♪」と自慢のGカップバストを猛アピール。

初めて着用したビスチェのシーンについても言及し、「おっぱいのこんもり感がすごいんです。枕にできるぐらいスゴくて(笑)」とビスチェで圧迫されたバストの膨らみに驚きながら、「今回のDVDはダイエットの番組で痩せる前に撮影したので、私のDVD史上1番おっぱいが大きいし肉肉しいですよ。おっぱい以外にも肉感のボディーを楽しんでいただければと思います」とバスト以外の見どころも語っていた。

その肉肉しいボディーはこの日も健在だった紺野。その理由を「お肉のダイエット」と説明するも、「お肉のお陰で成長しているんですかね(笑)。おっぱいもF寄りのGからH寄りのGになりました」とバストも増量してダイエットの成果はあまり現れていないんだとか。そんな彼女にこの夏にしたいことを問うと「まだ夏らしいことをしていないので、花火大会があったら1人でも行きたいです。バーベキューにも行って美味しいお肉を食べたいかな。でも野外は暑いから、涼しい焼肉屋さんがいいかも(笑)」とお肉の話題になると舌も滑らかだった。