4部相手の一戦、ヘディングで先制点奪う

 マインツのFW武藤嘉紀が12日のDFBポカール1回戦、4部ハンザ・リューネブルク戦の前半13分にヘディングで今季初ゴールとなる先制点をゲット。

 ドイツ3季目のシーズンを、幸先良くスタートさせた。

 先発出場を果たした武藤は、ペナルティーエリア内左の位置からMFアレクサンドル・マキシムの上げた浮き球のラストパスに走り込み、ゴール至近距離から頭で確実に押し込みネットを揺らした。

 ブンデスリーガ開幕戦でドルトムント相手にゴールを決めた昨季に続き、2シーズン連続でゴールという結果を残す最高のスタートを切った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images