ファッションプロデューサーが伝授!秋の装いはいつから始めるのがベター?

写真拡大

ファッションプロデューサーの高橋有佐妃です。アパレル業界では、もうすでに来年の春の仕込みが始まっていますが、そうは言っても、巷は残暑が厳しい最中。暑いし、クーラーはきついし、寒暖の差が激しいので、「何を着たらよいのかわからない」という相談がたくさん寄せられます。

トップスを変えるだけで見違える様に

そんな時におすすめなのは、「トップスだけ秋色に変える」技。ボトムス(スカートやパンツ)は夏物で大丈夫。オフィスや学校で一番目につくのは、上半身なので、トップス(ブラウス、ニット、カットソー)を秋の色に変えてみましょう。特におすすめなのはワイン色やボルドーなどの深みのある赤です。

イエローやマスタードなの黄色みの強い色も親しみやすくて好感度大です。

足元から変えてみる

意外に簡単なのは足元を変える技。私よりも二回りくらい若いショップスタッフの子に学んだ技です。彼女は毎年、夏の終わりから足元だけ黒いストッキングを履くのです。聞くと「生足やヌーディーなストッキングでは「装いが変わった」感じがしないのだそう 。黒やネイビー、グレーのストッキングや薄いデニールのタイツを履くだけで、お洋服は夏物でも一気に秋になります。私が「なかなかやるな」と思った技です。

小物から変えてみる

バッグや時計のバンド、バングルなど手の周りのものを変えるのも効果的です。ポイントは「手の周りのもの」。手は動きがあるので、意外と見られている場所なのです。バッグをパテント(光沢のあるエナメル素材)やクロコダイルなどの型押しに変えるだけで一気に秋冬モードになります。バングルやブレスレットをシルバーからゴールドに変えるだけでも雰囲気はだいぶ変わります。

いかがですか?全身フルコーデでそろえなくても、秋を感じさせる装いはちょっとした工夫で今からでもすぐトライできます。お金をかけずに、でも「あれ?変わったね」を思わせながら少しずつ秋の装いにシフトしていきましょう。

ファッションプロデューサーが伝授!秋の装いはいつから始めるのがベター?はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

郄橋有佐妃

TVレポーターを経て、現在は人気セレクトショップを経営、ファッショントレンド&スタイリングセミナー講師を務める。女性に関わるビジネスのプロデューサーとしても活動。延べ5万人のスタイリング実績をもつ。