中国でこのほど、「2017年美容医療業界に関する白書」が発表された。資料写真。

写真拡大

▽中国の美容医療業界は世界一の成長

近日、中国の新●(●=気構えに羊)美容医療アプリは「2017年美容医療業界に関する白書」を発表した。2015年以来、中国の美容医療業界は40%の成長を誇っており、世界平均の7%を大幅に上回った。だが、美容医療業界の発展による経済成長の利点に目を向けるのと同時に、業界の暴利と暗黒面を糾弾しなければならない。

▽年齢層の違い:中国は25歳以下、米国は36歳以上

白書は2017年の美容医療利用者のうち、100人に53人が25歳以下の若者、つまり、90年代以後生まれ(90後)の若者だと推定している。25歳前後の若者が利用者の中心となり、美容医療業界を成長させる原動力になっている。これに対し、米国では36歳以上の利用者が全体の74%以上を占めるという。

なぜ中国の年齢層は若いのか。それは90後の性格や就職観と関わるかもしれない。2015年以降、美容医療が芸能人やネットアイドルの間で流行するようになった。90後にとって、整形は今では当たり前のことになったのだ。

▽収入が高ければ高いほど、美に対する意欲がさらに強くなる

白書のデータによると、収入が高ければ高いほど、美しくなりたいという意欲がさらに強くなる。月収3万元(約49万円)以上の女性の中で、整形をしてみたいと答えたのは80%。整形手術を行う勇気がある人は10%であり、整形に年に20万元ほど使う人は5%を占めているという。

美しくなりたいという願いは、誰も止めることができない。新●の創業者である金星氏は、新●美容医療アプリのプラットフォームで2回以上も整形サービスを利用する比率は高く、92%に上ると述べた。

▽暗黒面と暴利、違法業者に注意が必要

美容医療の高度成長は、業界関係者に機会と試練をもたらしたと言える。施術を行う医者には限りがある一方、新人の医者の育成はまるで追い付かない状況だ。また、美容医療の営業許可に関する審査がとても厳しく、薬品や設備なども高い。そのため、許可書のない違法な業者や5日間程度しか研修をしなかった無免許医者がちまたにあふれている。白書によると、整形手術によって容姿が傷つけられてしまった人々の90%は、違法な法人や医者、薬品によるという。

そして、業界は暴利をむさぼっているとも言われている。デロイトの「中国美容医療市場分析2017」は、世界でヒアルロン酸の消費額の年平均成長率は12%であり、2016年の17億ドルから2020年には27億ドルまで増加すると推定している。この3年間で注射薬の市場価格は70%以上下落したが、整形手術の費用の多くが低減することはなかったという。美容医療業界の利用価格は、業界が成長したことに伴う規模の効果で大幅に下落したこともなく、業界は暴利をむさぼっていると言われているのだ。(提供/環球網・編集/インナ)