ベッドへの誘われ方は、いざ行為を進めていく上でとても大切なアクションですよね。ムード作りが上手な男子が相手なら、ドキドキ感も3割増に! でも、望んでいない誘われ方だと、テンションダダ下がりになる恐れも。だからこそ自分がどんなシチュエーションが好きかを把握するのはとっても大事。“どんなベッドの誘われ方が好きか”を心理テストでチェックしてみて。

文・脇田尚揮

【質問】彼氏と二人でパーラーにデートに来ているあなた。お互いパフェを注文したのですが、自分の分だけまだ来ていません。さて、どうしますか?

A、店員さんを呼ぶB、彼に相談するC、彼のを一口もらうD、もう少し待つ

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

A:店員さんを呼ぶを選んだあなた…ムードを大切にして誘われるのがお好み

あなたはお店の雰囲気やサービスを最大限に活かして楽しむタイプ。そのため、ベッドに誘われる時も、ロケーションや香り、照明などムードに気を遣って欲しいと感じているかもしれません。

ガサツに誘われたり、デリカシーがない男子はNGだと言えるでしょう。手順をキチンと踏んでくれる相手じゃないと、せっかくのエッチも感じることができないかもしれません。だけど、あなた自身も彼にパスを出すことを忘れずに。

B:彼に相談するを選んだあなた…男らしくリードしてくれる誘われ方を期待

あなたは困ったことや不満があると、すぐに相談しがちで、パートナーに意思決定を委ねるところがあると言えます。そのため、ベッドに誘われる時も、彼から半ば強引に誘われたり、男らしくリードされるのを期待しているかもしれません。

それに恥じらいながら応えるのが堪らないはず。ただし、エッチの時にマグロ状態になってしまってはNG。彼の反応を見ながら、奉仕してあげて。

C:彼のを一口もらうを選んだあなた…彼に可愛く甘えて誘わせるのが好き

あなたは妹のように、彼の食べているものをねだるところがあるかもしれません。彼に可愛く迫って、彼の方からベッドに誘わせるのが好きな小悪魔タイプなのかも。決して自分からは求めようとしませんが、男心をくすぐるのが上手なのであなたにコントロールされる男子は少なくないでしょう。

ただ、思い通りになると急に冷めてしまうところもあるので、多少自分のやり方が通用しない男子に翻弄された方が面白いかも。

D:もう少し待つを選んだあなた…焦らされながら誘われるとドキドキ

あなたは忍耐強くおとなしい性格なので、自分さえ我慢すればそれで良いという面があるかも。ややM的傾向があるため、彼から強引に求められることを望んでいるのですが、“普通”ではダメかも。少し焦らされるくらいの方が、心も体もボルテージが高まっていくようです。

年上で経験豊富な男性の、余裕のある誘い方にクラっときそうな予感。かなり好みが上質なのかもしれませんね。

深層心理において“パーラー”などの甘味処は、女性が“ドキドキする場所”、つまりベッドシーンを意味しています。そして、注文がやってこない状況は、男子から誘われるまでの思いや、誘われることへの期待を暗示します。

そのため、あなたがどんな行動を取るかで、好きな誘われ方が分かるのです。自分がどんなタイプかを知ったら、彼とより良い関係を築けるよう、全て彼任せにせずに、あなた自身も誘いやすい空気を作ることを意識してみましょう。

(C) Nina Buday / Shutterstock(C) Lucky Business / Shutterstock(C) George Rudy / Shutterstock(C) Kiselev Andrey Valerevich / Shutterstock(C) sakkmesterke / Shutterstock