オフィスや住宅、ホテル、病院、学校など、街の建物全体が植物や木々で覆われた、まるでラピュタの世界のような「LIUZHOU FOREST CITY」が建築家のStefano Boeri氏によってデザインされています。LIUZHOU FOREST CITYのすごいところは、よくある「都市のコンセプト」にとどまらず、実際に中国・柳州市の自治体と協力して街を建設中であることです。

Stefano Boeri Architetti | Studio of Architecture I Milan

https://www.stefanoboeriarchitetti.net/it/

Stefano Boeri Architetti | LIUZHOU FOREST CITY

https://www.stefanoboeriarchitetti.net/en/portfolios/liuzhou-forest-city/

柳州市は中国南部にある広西自治区の一部であり、山に囲まれた地域。LIUZHOU FOREST CITYは柳州市の北側にある川沿いに作られ、都市からは電車で直結される予定です。街には複数の居住区のほか、商業エリア、レクリエーション施設、学校、病院なども建てられます。



中央に見えている白い近未来的なデザインの建築物が駅。



道路沿いに木々が植えられているだけでなく、建物全体が植物に覆われています。



離れた場所から見ると古代遺跡のような見た目。



夜に明かりが灯るとこんな感じ。



各建物の屋根にソーラーパネルを設置するなどして、地熱・太陽熱といった再生可能エネルギーを自給自足するのもLIUZHOU FOREST CITYの特徴です。



完成後のLIUZHOU FOREST CITYには3万人もの住民が暮らす予定。4万本もの木々と100種以上・100万株もの植物を植えることで、森林が年間1万トンの二酸化炭素と57トンもの汚染物質を吸収し、900トンもの酸素を生み出すと予測されています。環境問題が指摘される中国において、これらの植物は気温を下げ、鳥や昆虫たちのすみかを提供することで、生命の多様性を生み出すと考えられています。

Boeri氏はこれまでにも植物に覆われた建築物を手がけており、実際にイタリア・ミラノに「VERTICAL FOREST(垂直の森)」という居住用のマンションを建てています。

Stefano Boeri Architetti | VERTICAL FOREST

https://www.stefanoboeriarchitetti.net/en/portfolios/vertical-forest/

これがVERTICAL FOREST。既に存在する都会の建物を壊すことなく、街の森林を増やし、環境を再生するアイデアとして生まれました。



下から見るとこんな感じ。



ミラノ中心部にある高さ110mと76mのマンションに900本もの木々と2万株もの植物を植えています。



地上はこんな感じ。



マンションのベランダを上から見た様子。人が過ごせるスペースは確保されつつ、建物の周囲にあるプランターに数々の木々や花々が植えられています。



横から見るとこんな感じです。



また、ミラノでの成功を受けて、中国・南京市でもVERTICAL FORESTが建てられる計画です。

Stefano Boeri Architetti | NANJING VERTICAL FOREST

https://www.stefanoboeriarchitetti.net/en/portfolios/nanjing-vertical-forest/

マンションの完成図は以下の通り。



大小2つのマンションに植物が張り巡らされています。



建築全体で600本の大きめの樹木と500本の中サイズの樹木、そして2500株ものカスケード植物を植えることで、植物が年間25トンの二酸化炭素を吸収し、1日あたり60kgの酸素を生み出すとみられています。