撮影=田中聖太郎

 女優で歌手の大原櫻子が11日、東京・お台場パレットプラザで、7枚目シングル「マイ フェイバリット ジュエル」の発売を記念したフリーライブを開催。2000人の観衆を前に、秦 基博の作詞作曲プロデュースした同シングルの表題曲などを熱唱した。

 大原にとってフリーライブは昨年7月3日に、川崎ラゾーナプラザでおこなって以来1年ぶり。この日はアコースティック編成で届けられた。朝から雨が心配されたなか、その不安も吹き飛ばすかの様にこの時期にぴったりのナンバー「真夏の太陽」で勢い良くスタートした。

 「天気が悪いから屋根が着いてしまってごめんね〜。でも私のライブは是非皆さんにも歌って盛りあがって欲しいので! よろしくね」と挨拶すると、新曲「マイ フェイバリット ジュエル」を披露。「真夏の太陽」とは違った爽やかな清涼感のあるサマーソングで惹き込んだ。

 3曲目はニューシングルにカップリング収録の「Jet Set Music!」を初披露。本人も「緊張するよー!」と本音もこぼした。サビ部分をファンと一緒に歌いたいと、イベント直前にそれを生歌でレクチャーした動画を公開していた大原は「みんな覚えている? 準備はいい?」と語って歌い出す。サビ部では本人のイメージ通りの光景が広がった。

撮影=田中聖太郎

 心が一つになったところで4曲目は打って変わって、出世作ともいえる応援歌「瞳」。低域から高域まで益々パワーアップした歌唱力で圧倒させた。

 「今日も本当に雨を心配してたんです。でも音楽の時は晴れ女パワーが出るんですが、(いま撮影中の)ドラマの時は雨も多かったりするんですよ〜」というエピソードを交えながら「最後に聴いてください」とCDデビュー曲の「明日も」を熱唱で締め括り。

 と思いきや、「もう1曲歌っても良いですか?」と、悪天候が心配されたなかで待っていたファンへのサービスでバラード曲「ちっぽけな愛のうた」をサプライズ披露。アカペラで歌い始めると、中盤からはアコースティックセットで熱唱。気持ちのこもった歌唱で観衆を感動させた。

 この日の模様はLINE LIVEでも生配信され、2万人が視聴した。【編集部・武田雄樹】

撮影=田中聖太郎 撮影=田中聖太郎 撮影=田中聖太郎 撮影=田中聖太郎 撮影=田中聖太郎

セットリスト

M1 真夏の太陽
mc
M2 マイ フェイバリット ジュエル
M3 Jet Set Music!
mc
M4 瞳
mc
M5 明日も
M6 ちっぽけな愛のうた