少し前に「世界で一番カッコいい納豆専用の器」を紹介したら、けっこう好評だったみたいで、取り扱い元のsasayakaさんにお礼のメールまでもらった。

記事の一番下にある【欲しい! or うーん…】のボタンは50:30くらいの賛否両論だったけど(笑)、それ以外の商品も気になったのでチェックしていたらこれまた面白いものを見つけてしまった。

今度は、世界で一番カッコいい「パンの袋をとめるアレ」。そもそも正式名称がわからないぞ!

食パンの袋に、シルバーを

実はけっこうカッコいい名前があるらしいので気になる人は検索してもらいつつ、そんな目立たない存在に光を当てたのが、PANDANT HEAD。6,800円。

シルバー製という時点でも驚きだけど、そもそもシルバーだとパンの袋はとめづらいと聞いて、さらに驚いた。じゃあ何かっていうと商品名の通り、ペンダントヘッドとして使えるみたい。

Made in Japanの証拠として、神奈川の「シルバームーン彫金工房」が制作を請負い、彫金や伝統工芸を学んだ上での技術を継承。今回もそこは本気。

ちなみにこれは「世の中にありふれたものにアイデアを加え、ささやかな日常がちょっと楽しくなるものをつくるレーベル」こと、sasayakaがつくったもの。

食パンが大好きな彼女でも助走つけて殴ってくるレベルかもしれないけど、もしこのプレゼントを受け取って「わぁ、素敵!」と喜んでくれる人なら、本気で結婚を考えて差し支えないでしょう。

私は、ムリ(笑)。

Licensed material used with permission by sasayaka