しばらくは“黒迫”と呼ばれそうな宮迫博之

写真拡大

“二股不倫疑惑”で注目される「雨上がり決死隊」宮迫博之(47)が11日、金曜レギュラーを務める「バイキング」(フジテレビ系)に生出演し、“さらし者の刑”に処された。司会の坂上忍(50)らに思いっきり突っ込まれた宮迫は「クドいたけど全部フラれた」と芸人らしい言い回しで不倫を否定してみせた。ここまでくると「信じる信じないはアナタ次第」の“都市伝説的”釈明。宮迫はこれで幕引きを図りたいようだが、当然ながらネット上ではバッシングの嵐となった。

 番組冒頭で頭を下げ、神妙な面持ちで前を見すえた宮迫を脇に、メーンMCの坂上忍(50)は「スタジオに来てくれただけでも、ハイ」と言いつつ「それだけで済まされない部分もあるので、後で深掘りさせていただきますけど、大丈夫ですか」とカマした。

 宮迫は「来たくはなかったですけど、嫁に『行って来い、お前』と言われた」と険しい表情のまま、坂上に向かって軽く頭を2度下げた。

 週刊文春で報じられた内容について、7月に女性2人と計3日間、ホテルの部屋に泊まったことは「事実です」と報道直後と同じく認めた上で宮迫はこう釈明した。

「僕は泥酔した場合、いつも1人でホテルに泊まって、仕事に行くみたいな…。その流れで『3次会で店が閉まるのだったら、オレの部屋でもう一回飲み直すか』ということは何度もやってます。今回に限ってはそれが2人きりになってしまったけれど『もしかして、できるかも』と魔が差しまくったというか。酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に何とか頑張って言ってみたんですけど『このご時世にそれはダメですよね』というふうにお断りされ、フテ寝をしてしまう。それで朝を迎えて、それが3回繰り返されて、結局3回フラれている」

 つまり、ヤル気まんまんだったがフラれてしまい“一線は越えていない”という主張のようだ。

 特に、2回ホテルで同宿したモデル・小山ひかる(26)については「1回目は寝てしまったから無理だったのかなと思って、もう1回チャレンジしようと思ってもう1回、フラれています」とよどみなく説明した。

 メディアの代わりに坂上ら出演仲間につるし上げられ“さらし者の刑”となった形。宮迫は文春の直撃取材に、不倫の疑惑は“黒”か“白”か例えるよう求められ「オフホワイト」と答えていたが、番組内で相方の蛍原徹(49)に「黒迫さん」とイジられ“黒”と認定された。

 恐妻家で知られる宮迫は夫人から「お前、何回目や!」と激怒されたとも明かした。

「不貞報道はこれで3回目。2011年1月に伝えられて以来なので、現在開催中の高校野球の甲子園出場記録みたいに言えば『6年ぶり3度目』となるんです。表ざたになっていない不貞もあるといわれてます」とワイドショー関係者。

 宮迫はレギュラー番組での釈明で事態を沈静化させたい意向のようだが、ネット上では当然ながらバッシングが吹き荒れた。

「100%交尾してると思う方クリックしてください」には11日時点で「そう思わない」が3000件ほどに対し「そう思う」に10倍以上となる4万件超も集まった。

「3回とも何もなかったって苦しい言い訳」「作った真面目顔と、なぜか誠意が伝わってこないうわべだけの謝罪と反省の言葉にとても不快な気持ちになった」などと強烈に批判もされた。

 宮迫本人は不倫を否定していることもあり、レギュラー番組などの降板には至らない見込みだが、当分の間は相方が命名した「黒迫さん」とイジられることになりそうだ。