香川照之

写真拡大

12日放送の「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)で、カマキリ先生に扮した俳優・香川照之が、タガメについて解説。前回放送後に視聴者の間で話題になっていたホワイトボードの文言の真相も明らかになった。

番組では「出動!タガメ捜査一課」と題し、香川が栃木県でタガメの捕獲に挑戦した。実は香川は前回5月5日放送回でタガメへの愛を「お前を絶対捕まえてやる!」などと熱く語っており、今回は念願叶ってのタガメ特集となる。

前回の放送で、香川がホワイトボードを使ってタガメを解説していたが、ボードには「ウルトラセブン キングジョー」という、一見するとタガメとは無関係のワードも。放送後番組には視聴者から「ウルトラセブン」「キングジョー」へのツッコミの声が上がっていたという。そこで今回番組は、前回カットした未公開部分を放送。放送されたのは3分であったが、実際には30分以上におよぶ熱弁だったそう。

香川はタガメへの愛を語る中で「子どものころ、えー、ウルトラセブンっていうのが大好きでした」と話し出す。そして、強く思い出に残っている回として宇宙ロボット・キングジョーが登場する回をあげ「このキングジョーがタガメにしか思えない!」「タガメが好きだからキングジョーが好き!」とひとりで大盛り上がり。

さらに、香川は「タガメ先生」にふさわしい人物も勝手選定。「1番の適役は三船敏郎さん」であるとし、「生存されてる俳優ではラッセル・クロウなんかどうでしょうね!」と、まさかの海外俳優・ラッセル・クロウの名前が飛び出す事態に。「20億くらいかかるけど、NHKの国家予算並の予算の中からオファーをしていただいて」と懇願していた。

【関連記事】
香川照之の昆虫愛が炸裂 害を恐れる共演者に「この子にとってはお前の方が害」
坂上忍 香川照之の離婚報道に自虐発言「僕は2年でしたからね」
香川照之がドラマ「99.9」の秘話明かす 榮倉奈々のNG場面を構わず放送