LDHによる一大エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』とよみうりランド(東京都・稲城市)がコラボし、作品世界を追体験できる施設「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」が絶賛開催中だ。

参考:『HiGH&LOW THE MOVIE 2』脚本家・平沼紀久が語る、“ユニバース化”する物語世界とその作り方

 「HiGH&LOW THE LAND」は「達磨一家のプロデュースする山王街の夏祭り」をコンセプトにしたイベントスペース。縁日のような射的コーナーを設置し、飲食スペースでは『HiGH&LOW』のキャラクターにちなんだフード&ドリンクメニューが用意されている。また、日替わりで作品にちなんだゲストがステージに登場するのも魅力のひとつ。来場したゲストはいろいろな場所にサインを書いているので、ぜひ、探し出してみてほしい。「HiGH&LOW THE MUSEUM」では実際にキャストが着用した衣装や、チームの世界観を再現したセットが設置され、まるで 『HiGH&LOW』の世界にいるような感覚を体験することができるのだ。

 今回、脚本家の平沼紀久氏を迎えて、「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」に込めた想いや裏話を伺った。

 まずよみうりランドの園内に足を踏み入れると、琥珀と九十九の特大パネルが目に入る。園内のさまざまな場所に山王連合会・鬼邪高校・White Rascals・RUDE BOYS ・達磨一家のパネルが設置されており、記念写真撮影にピッタリのプレイスとなっている。なお敷地内は広大かつ斜面もあるため、スニーカーなどの歩きやすい靴の着用を推奨したい。

 コラボというだけあって、よみうりランドの一部アトラクションもHiGH&LOW仕様になっている。大観覧車もSWORD仕様になっており(全46台中各チーム2台づつ)、中ではオリジナルラジオ番組を聴くことができる。ジェットコースター「バンデット」は山王連合会、4Gの重力で打ち上がる「クレージー・ヒュー」、マイナス2Gの重力で一気に落下する「クレージーストン」の2台のアトラクションは雨宮兄弟、バンジージャンプはRUDE BOYS 、お化け屋敷は山王連合会のダン・テッツ・チハルプロデュースというコンセプトになっている。(※バンジージャンプ以外はワンデーパス利用可)平沼氏いわく、このチョイスにも意味があるとのこと。

「やっぱり遊園地といえば、観覧車とジェットコースター。花形のジェットコースターは山王連合会なんじゃないかな。『クレージー・ヒュー・ストン』は2つあるから雨宮兄弟、バンジージャンプもパルクールなイメージがあって、RUDE BOYS っぽいでしょう?」(平沼氏)

 山王連合会のダン・テッツ・チハルのプロデュースするお化け屋敷にも、現地で体験してほしいので詳細はふせるが、いかにもキャラクターたちが考えそうな仕掛けも施されている。気になるのがパネルにあしらわれている「DTC」のロゴ。ダン・テッツ・チハル3人の頭文字であることは推測できるのだが……?

「山王連合会のメインはコブラ、ヤマト、ノボルの3人。そこにもう1つ対を作りたかったんですよね。名前の由来ですか? 頭文字を1文字づつとるのって、ちょっとかっこ悪いじゃないですか(笑)。ダンは少し雨宮兄弟に憧れていて、『HiGH&LOW THE LIVE』(※16年に開催された、『HiGH&LOW』の世界をフィーチャーしたライブ)でも”雨宮兄弟ごっこ”をやったんですけど、今回のロゴも雨宮兄弟を意識して羽が生えているんですよ(笑)」(平沼氏)

 また、併設されている「らんらんホール」にて、平日は彼ら3人のショートムービー映像や『HiGH&LOW』✕『CLAMP』のショートアニメなど上映、休日は『HiGH&LOW THE MOVIE SPECIAL EDITION』の「応援上映(※声を出したりサイリウムを振って”応援”できる上映形態)」も開催中。初公開映像を含んだ2時間半の特別版になっており、ファンなら必見の内容になっている。

「『HiGH&LOW THE MOVIE』を映画作品としてまとめるためには、使いたいシーンも泣く泣くカットしなければならないシーンが沢山あったんです。キャストさんもスタッフさんを含めあんなに頑張ったんだから、皆さんに見ていいただこうというHIROさんの愛ですよね。また違った楽しみ方をしてほしいです」(平沼氏)

 そして「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」の外装、内装、セットはすべて映画と同じスタッフが手がけているということにも注目したい。

「『HiGH&LOW』という世界に自分が実際に行ってみて、体感することが1番楽しいと感じると思うんです。だから他の業者にまかせるんじゃなくて、映画と同じスタッフで”本物”を作らないと。たとえば『HiGH&LOW THE LAND』の入り口にある大きな太鼓も実際に撮影で使用したものですし、これまで使ったセットはすべて倉庫に保管してあるんです」(平沼氏)

 「HiGH&LOW THE MUSEUM」には、山王連合会のたまり場・ITOKANを再現したセット、『HiGH&LOW THE RED RAIN』に登場した雨宮兄弟の自室を再現したセット、SWORDそれぞれのチーム、そしてMIGHTY WARRIORSをイメージしたセットと共に、実際に使用した衣装が飾られている。「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」内のいたるところに出演者のサインや落書きが書き込まれている。意外なところに意外なサインが書き込まれているので、ディズニーランドでいうところの「隠れミッキー」を探すような楽しみ方もできそうだ。

 ARアプリを使用した撮影スポットも設けられており、アプリを起動すると山王連合会のメンバーや、雨宮兄弟、琥珀と九十九らと記念撮影することができる。ファンにとっては思い出の1枚になることうけあい。

「昨年、『HiGH&LOW THE BASE(※16年に汐留で開催された『HiGH&LOW』の世界を楽しめるイベントスペース)』をやってみて思ったのが、映像で見ていたセットを実際に見ることが出来る、そこに座れる、そこで写真が撮れるって嬉しいじゃないですか。そして、そこにキャラクターがいて一緒に写真が撮れればもっと嬉しいじゃん! というところからARを取り入れました。顔だけがくりぬかれてそこに顔を入れるパネルとか、色々案はあったんですけど、それだと誰の顔をくり抜くの? って話になりますし(笑)。ARの特徴として、被写体の方も嬉しいですし、撮影者もカメラをかざすとキャラクターが出てくるから、それを楽しめるというのもありますよね。だから絶対に交代交代で撮った方がいいですよ」(平沼氏)

 『HiGH&LOW THE LAND』で提供されるフード&ドリンクメニューは、ほぼすべてキャラクターにちなんだもの(入場の際、顔写真つき身分証明書の提示を求められるので、事前に準備することをおすすめしたい)。このメニューの名前もすべて平沼氏が考案しているとのこと。

「例えば、ダンの『モテたいサラダ』は女の子の好きなものが入ってるんです。あいつはモテたいから(笑)。『ノボルナゲット』は要はあいつは重荷ばっかり背負ってるんですよ。キャンパスソース、山王ソース、九龍ソース、3つのソースを混ぜて食べると”クラッシュ”するんです」(平沼氏)

 他にも「フォーのフォー フォーフォーして食べてね」はフォー役の関口メンディーとの会話から生まれたりと、様々な想いを込めて名前を考案したという。中でも「コブラドッグ」「鬼邪高ラーメン」などが人気だとか。取材班も「フォーのフォー」、「ダンのモテたいサラダ」、「七つの海のヨーグルトロッキー」などをいただいたが、ボリュームも多く、味もしっかりしており満足度の高いものだった。

 祭りというだけあって様々なグッズが当たる縁日エリアも設けられ、その隣には出演者直筆の絵馬も飾られているのでそちらもチェックしたい。物販エリア「檀商店」では「『HiGH&LOW THE LAND』に行ってきましたクッキー」や、『HiGH&LOW THE RED RAIN』で登場した棒アイス、漫画家集団CLAMPが手掛けるg-swordグッズなど、ここでしかゲットできないグッズが多数用意されている。また、カプセルトイコーナーには人気の高いグッズを求めて、連日、大勢が訪れている。

 「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」も後半戦に入り、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の公開も控えているため、今後も予想できないサプライズがあるかもしれない。新宿駅から「京王よみうりランド駅」は急行で最短で約25分と意外と近く、駅からはバス、よみうりランド営業時間中は園直通のゴンドラも運転中だ。この夏、「HiGH&LOW THE LAND」&「HiGH&LOW THE MUSEUM」へぜひ足を運んでほしい。(藤谷千明)