︎ヒアリってどんなアリ?

みなさん、”ヒアリ” 名前は知っていますよね?
本来、日本には存在しない外来種のアリで、そのヒアリが日本国内で次々と発見されています。
しかし、いまいちその猛毒性や特徴、予防法や対処法がわかりません。
それに、アリということは、ワンコたちのお散歩道や公園にもいる可能性があるのではないでしょうか?

ヒアリとは一体なにもの?

アリ科に属するアリの1種で、世界の侵略的外来種ワースト100選定種で特定外来生物にも指定されているとても怖いアリです。

原産地は南アメリカで、赤茶色の体が特徴的です。
体長は約2mmから6mmほどですが、極めて攻撃性が高く節足動物や爬虫類なども集団で攻撃し捕食するという性質があるそうです。

ヒアリの生息地

亜熱帯や暖温帯の暖かい地域を好む比較的開けた草地などに生息ヒアリの作る巣は高さ15cmから50cmのドーム型なのが特徴

上記のような形の巣を見つけたらワンコを抱き上げ立ち去りましょう。

ヒアリの毒性

アルカロイド系(ソレノプシン)という非常に強い毒性を持つ刺されると非常に強いやけどのような痛みが走り、患部が水泡状に腫れるアナフィラキシーショックにより呼吸困難や意識障害を起こす可能性もある

︎犬がヒアリに刺されてしまったら

万が一、大切なワンコ達がヒアリに刺されてしまったらどう対処したらよいのでしょうか。

ワンコ達がヒアリに刺されれてしまった場合の症状とは?

体に痒さや違和感を感じて床や地面に体をこすりつけながら転がる刺された場所を舐めたり、噛んだり気にする赤く腫れたり、ふくらみがあったりする

症状としては、蚊に刺されたりアレルギーを起こしている時とあまり大きな差はなさそうです。
ただ、違和感を感じていることは教えてくれます。

刺されているキズ口などが確認できたら。

外での場合は、その場から離れるゴム手袋などをして、ワンコの体にアリがいないか探し取り除く

顔の浮腫/呼吸困難/嘔吐/痙攣などが起こったら。

すぐにかかりつけの病院へ連れて行ってください。顔の浮腫や呼吸困難、嘔吐、痙攣を起こしている場合、前述のアナフィラキシーショックを起こしている可能性もあるため、早急に病院へ連れて行ってあげてください。

︎犬がヒアリに刺される前にできる予防

犬用の虫よけスプレーを使用する

現時点では、人間の虫よけスプレーなども、タイミングによっては有効な可能性もありますので、お店などでもワンちゃん用虫よけスプレーも販売されています。
お散歩の際には、吹きかけてあげるのも良いかもしれません。
※ただし、虫除けスプレーがヒアリに対して有効という根拠はありませんので、この対策だけでは不十分です

アリ塚のなさそうな場所でお散歩させる

アリ塚のありそうな公園の脇、草むらなどには近づかせないのも予防になります。しばらくは、アリ塚のなさそうな場所でお散歩させてあげてください。

︎まとめ

ニュースで名前はよく聞くヒアリですがまだまだ、予防法や対処法などわからないことばかりです。人間にもこれだけの害があるのですから、犬達にはそれ以上の害があることは明らかです。責任をもって、ワンコ達を守りましょう!


(獣医師監修:加藤桂子先生)