世界ランキング9位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

オーストリア紙「クライン・ツァイトング」が「錦織がサルに挑戦される」と特集

 テニス界は全米オープンの前哨戦・ロジャーズ・カップで連日熱戦が繰り広げられている。世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、2回戦で同22位のガエル・モンフィス(フランス)に2時間41分の激闘の末に敗れたが、日本のエースに意外な“ライバル”が登場し、海外で話題となっている。

「錦織がサルに挑戦される」と特集したのは、オーストリア紙「クライン・ツァイトング」電子版だ。

 記事で紹介された動画では、ブルーのシャツに白のパンツ姿で決め、“テニス選手”となったサルのリキ君(7歳)が颯爽と登場。日本人男性とダブルスを組み、ネット前での機敏な動きでノールックスマッシュやボレーを次々と成功。卓越したテニスの技量を披露している。

 また、同紙はオーストリアでも知られている日本のエース、錦織についても触れている。

「日本人テニス選手、ケイ・ニシコリは珍妙な相手と対戦することになるかもしれない。リキはテニスウェア姿で能力を証明したサルだ」

 記事によれば、リキ君と絶妙なコンビプレーを見せていたアナウンサーの吉崎仁康さんは「我々はケイ・ニシコリとプレーしたい。それが我々の夢です」と話しているという。

 錦織と猿のリキ君の「ドリームマッチ」は実現するのだろうか。