「ユナイテッドは大物ルカクをこう起用すべき!3つの案」

写真拡大 (全4枚)

今夏、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したベルギー代表FWロメル・ルカク。

開幕を前に、『Squawka』による「ユナイテッドであるうるルカクの3つの起用法」を見てみよう。

ファンのお気に入り:4-3-3

ポール・ポグバが復帰して以降、彼を自由にプレーさせるために、中盤を3枚にすることが求められてきたユナイテッド。今度はそこにさらなる大物FWルカクが加わった。これにより、クラブの未来を担うと期待されるマーカス・ラッシュフォードの立場が危うくなるのではないかという懸念もある。

だが、モウリーニョはルカクを入れた4-3-3システムでプレーさせることで、チーム最高のMF(ポグバ)と最も有望な若手FW(ラッシュフォード)の能力を最大限に発揮させることができる。

ルカクはゴールを背にするよりも走るプレーを好む。ラッシュフォードは左に回ることになるが、彼にはボックス内に切れ込む傾向があり、それは外に流れる性質を持つルカクととぴったりハマる。より厄介な角度から攻め込むことができるはずだ。

一方、ポグバは深い位置から攻め上がる際、スルーパスを通すためのターゲットの選択肢を手にするだろう。彼は昨季のプレミアリーグでケヴィン・デ・ブライネに次ぐスルーパスを記録、また同じポジションではムサ・デンベレに次ぐドリブル突破も記録している。ポグバの攻め上がる動きが増えれば、プレーの選択肢と自ら生きるために必要な流動性を得られるはずだ。

そして、ポグバはすでにピッチ外でルカクと上手くやっている(友人関係にある)。2人の関係性にラッシュフォードを加えることができれば、実りあるものになるはず。

1トップ:4-2-3-1

エヴァートンでのルカクはプレミアリーグで最も怖ろしい1トップのひとりだった。ユナイテッドではより優秀な同僚たちがチャンスを演出してくれることで、彼は自らのゲームを次のレベルに引き上げることができるはずだ。

昨季エヴァートンのロナルト・クーマン監督は判断力の面において、MFロス・バークリーに不満を持ったかもしれない。だが、自由に動いてドリブルなどでファイナルサードをこじ開けようとする『10番』の存在は、ルカクにとって間違いなくメリットになる。

ユナイテッドには、高品質なプレーメイカーであるヘンリフ・ムヒタリャンがいる。さらに、フアン・マタとアントニ・マルシャルも相手を打ち負かすスキルがあることを証明済みだ。

この3人はルカクが必要とする助けを供給できる。彼がユナイテッドで気にしなければならない唯一の点は、ゴールを決めることだ(他は周りがやってくれる)。

2トップ:4-4-2

昨季のモウリーニョは最も危険な相手を封じる際、最新のマスタープランとして4-4-2システムを使った。特定の脅威にマンマークを置き、ボールを持っていない時には効果的に6バックへと移行するものだ。

アントニオ・コンテ監督率いるチェルシーを打ち破った時に、これはうまくハマった。ラッシュフォードとジェシー・リンガードの2トップが、相手を混乱に陥れたのだ。

ルカクは例えチャンスを逸していたも、最後の瞬間で自らを救うことを好むストライカーだ。昨季プレミアリーグにおいてラスト10分間でのゴールが最も多かった選手(9得点)なのだ。

ルカクはラッシュフォードと組んだ際にリンガードがやったようなプレーはしないだろう。だが、相手にとっては、モウリーニョの戦術によって崩れた相手を仕留めるためにいいポジションで待つことを続けるルカクのほうがはるかに脅威だ。