ギネス世界記録の認定書をもらい記念撮影するイスラエル・クリスタルさん(中央)。娘、息子、孫たちと一緒に(2016年3月11日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を生き延び、世界最高齢男性と認定されていたイスラエル人のイスラエル・クリスタル(Yisrael Kristal)さんが11日死去した。113歳だった。イスラエルのメディアが報じた。

 クリスタルさんは ライト兄弟(Wright Brothers)が人類史上初めて有人動力飛行に成功する3か月前の1903年9月15日、現在のポーランドで生まれた。第1次世界大戦(World War I)後、ポーランド中部ウッジ(Lodz)に移り、家族経営の菓子工場で働き、結婚して2人の子どもをもうけた。

 第2次世界大戦(World War II)中、ウッジのユダヤ人区はナチス・ドイツ(Nazi)の占領下に置かれ、アウシュビッツ・ビルケナウ(Auschwitz-Birkenau)強制収容所に送られた。妻と2人の子どもは亡くなったが、クリスタルさんは生き延びた。戦争が終わったときは体重が37キロしかなかった。その後、イスラエルへ移り、菓子店を開いた。

 ギネス・ワールド・レコーズ(Guinness World Records)は昨年3月、クリスタルさんを世界最高齢男性に認定した。ギネスのウェブサイトによれば、クリスタルさんはイスラエル北部ハイファ(Haifa)の自宅で認定書を受け取ったとき、長寿の秘訣(ひけつ)についてこう話していた。

「長生きの秘訣は分からない。すべては天によって定められており、私たちがその理由を知ることはないだろう」
【翻訳編集】AFPBB News