松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

全米プロゴルフ選手権、圧巻「64」でメジャー初Vへ「2日間終わってメジャートップは緊張する」

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。ホールアウト時点でケビン・キスナー(米国)と並び、首位となった。

 松山は5番パー4でこの日初バーディーを奪うと、7番パー5でもバーディー。前半を2つ伸ばし、順調な滑り出しを見せた。圧巻だったのは、後半だ。12番パー4から怒涛の4連続バーディー。15番途中には雷雲の接近により、約2時間も中断したが、再開後にバーディーを奪う集中力を発揮した。

 松山はラウンド後の記者会見に出席。中断でも止まらなかった勢いについて「ラウンドの途中で中断になった。その時は天気はすごく良かったので、中断にはびっくりしました。ちょっと疲れていたので、いい休憩だと思って休んでいました」と明かした。

 さらに、今季3勝と好調の理由を問われると「コンディション的には去年の10月から、よりは良くない。それでも、いい状態になりつつあると思う。先週も最終日にいいプレーができましたし、今日もいいプレーができた。残り2日間もいいプレーができるように頑張りたい」と話し、意気込みも語った。

 また、日本での男子ゴルフ人気回復のためにもメジャー初制覇を果たしたいという崇高な使命感をたぎらせた。「日本で女子ゴルフほど男子ゴルフが人気になるために何が必要か。今週の優勝がその助けになるか?」と質問を受けると、こう語った。

「何が必要か。それはなんとも言えないところがありますが、僕がここでいいプレーをして、最終日にここに立っていることができるなら、それはすごく変わると思う。そうなるように僕は一生懸命、頑張ります」

 25歳は日本ゴルフ界を一身に背負い、残り2日間、日本人メジャー初Vという戦いに挑む。

会見の一問一答「残り2日どういうプレーができるのか、自分自身すごく楽しみ」

 そのほか、会見の主な一問一答は以下の通り。

――今季3勝。キャリア最高のゴルフができているのでは。

「いいプレーはできていると思いますが、キャリアで一番いいかはわからないです」

――初のメジャータイトルが日本とあなたの家族にとってどんな意味を持つか。

「そうですね。どう……ちょっと難しいな。どういう影響があるかはわからないですけれど、影響があることはいいこと。頑張って優勝したいなと思います」

――ツアー3勝で先週は61で、今日は62。他の選手はナーバスになるべきか。

「それはわからないけれど、自分も少なからず、2日間終わってメジャーのトップタイにいるということは緊張する。残り2日どういうプレーができるのか、自分自身すごく楽しみ」

――日曜日に違うパターを試していた。

「同じパターを、ずっと今のピン型をずっと練習で使っている。僕はずっとやってきたので、そこで状態を確認したいというのはあります」

――今日のパット数は23でした。

「今日はいいパッティングができました。その分、ショットが外れている。ショートゲームで本当に助かった1日だなと思います」