レスター岡崎の開幕戦ゴールに英メディア軒並み高評価 「ヴァーディと流麗に連動」

写真拡大

アーセナルに3-4と逆転負けも強豪相手の1得点を評価

 レスターの日本代表FW岡崎慎司が、11日に行われた今季プレミアリーグ開幕戦の敵地アーセナル戦で、前半5分にヘディングシュートで今季初ゴールを決めた。

 試合は3-4と逆転負けを喫したが、強豪相手にゴールを決めた侍ストライカーは地元メディアから満場一致の合格点を手にしている。

 勝負強さを見せた。0-1と1点をリードされて迎えた前半5分、ショートコーナーからMFオルブライトンが上げたクロスをDFマグワイアがヘディングで中央に折り返す。落下点に入り込んだ岡崎は、アーセナルMFジャカとの競り合いを制し、名手チェフの守るゴールマウスをヘディングシュートで打ち破った。

 雄叫びを上げる岡崎にチームメイトが駆け寄り祝福。マンチェスター・シティからナイジェリア代表FWイヘアナチョを獲得したレスターで、スタメンの座も危ぶまれたが、シェイクスピア監督はこの日2ゴールを決めたイングランド代表FWヴァーディの相棒として、岡崎をピッチに送り出した。監督、そして同僚からの信頼に応える一撃となった。

 その後、試合は点の取り合いとなり、レスターは3-2とリードして終盤を迎えたが、守勢に回ったことで後半38分、40分とアーセナルにゴールを許し痛恨の逆転負け。それでも1ゴールの岡崎に対する評価は高かった。

各メディアで「7点」の採点が並ぶ

 英地元紙「レスター・マーキュリー」は合格点で、チーム2位タイの7点評価。「ゴールを巧みに奪い、ヴァーディと流麗に連動した」と、2シーズン前にプレミアリーグを制覇した黄金コンビの色褪せないホットラインを称賛していた。チーム最高評価は、2ゴールを決めたヴァーディの9点だった。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」でも、岡崎はチーム2位タイの7点評価。一方、英紙「デイリー・メール」ではチーム4位タイながら、同じく7点評価だった。

 この日唯一行われたプレミアリーグの開幕カードで、個人としては幸先の良い結果を残した岡崎。今季も熾烈なポジション争いが予想されるが、3季目のレスターでまずは貫禄を示した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images