セレブ一家のカーダシアン家は、お母さんのクリス・ジェンナーをはじめ、年を重ねても若々しくい続けることで知られている。その中でも特に、「キム・カーダシアンの変わらなさが抜きんでてる!」と話題に。キッカケとなったのは、Instagramのとある投稿。

2度にわたる出産を経験し、現在子育て中のキム(36歳)。彼女は先日、約20年前の写真をInstagramに投稿したのだけれど、それがとてもそんな昔の写真には見えない!?

現在のキムとほとんど変わらない姿だけど、キャプションによると15歳! …早熟だったのか、まったく老けないのか分からないけれど、初めてヨーローッパへ旅をした時に空港で撮影された写真だそう。アイスクリームを食べているキムがとてもキュート♡

コスモポリタン イギリス版>は、この時代を「スパイス・ガールズ」がデビューし、映画『インデペンデンス・デイ』が大ヒットし、チャールズ皇太子とダイアナ元妃が離婚した頃だと説明。確かにそんな時代はあったけれど、その頃のキムと現在のキムがまったく同じに見えるから不思議…。

Instagramのコメント欄には「ウソでしょ、最近の写真だと思った!」や「全然老けないね」というコメントでいっぱいに。

▼さらにその約10年後のキムがこちら。2006年、当時一緒にいることが多かったパリス・ヒルトンとの写真。

キム・カーダシアン&パリス・ヒルトン

▼そして、今年の7月に目撃されたキム。

キム・カーダシアン

こうして比較すると、とはいえやはり洗練され、大人の女性へと変化しているのが分かる。とはいえ、ポイントメイクに力を入れないコントゥアリングメイクという骨格メイクをしている現在のキムと、15歳のキムはほぼ同じに見えてしまう。そんなこともあって、実は最近撮ったものをそれっぽく載せているのでは…なんて疑惑も。一方で、「一瞬ウソかと思ったけど、今のキムが腰にセーターを巻くと思う!?」という鋭い指摘も。多くのファンを混乱させるほどの老けなさっぷりは、確かにすごい。