<全米プロゴルフ選手権 2日目◇11日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の2日目。雷雲の接近による中断が15番であったが、松山英樹が第2ラウンドを終えた。松山はこの日4連続を含む7つのバーディを奪取し“64”をマーク。トータル8アンダー、暫定首位タイでフィニッシュした。
上々のスタートを切った日本勢の勇姿はフォトギャラリーで!
松山は風の変わりやすい難コンディションの中2つスコアを伸ばしハーフターン。12番から3連続バーディを奪うと15番で中断に。再開後もバーディを奪い4連続とすると、勢いは“グリーンマイル”に入っても衰えず、17番パー3でもティショットを約2メートルにつけバーディを奪取。首位のケビン・キスナー(米国)を捉えた。
谷原秀人はトータル4オーバー、小平智はトータル5オーバーでホールアウト。現在のカットラインは5オーバーで、トータル8オーバーの池田勇太は予選落ちがほぼ確定している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャー最終戦、全米プロのスコア速報
松山英樹の一打速報、2日目をテキストでプレーバック
“エース”と“好調”の2つのパター 「ギリギリまで迷った」松山英樹の選択は?
日本勢が揃って上々の立ち上がり 小平智は「後半落ち着いて何とか巻き返せた」
【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す