(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

30代の韓国人男性が台湾の与党・民進党の党本部から現金33万円を盗んで、逮捕されたという。

驚きなのは、その男が現金を盗んだ後、日本に入国しようとしていたことだ。

台湾メディアによれば、男は8月2日の犯行後、台湾桃園国際空港から飛行機に乗って日本に向かったが、台湾警察の国際手配の要請で日本への入国は叶わなかったという。

翌日の夜、台湾桃園国際空港に送り返された男は、今度は韓国行きの飛行機に乗ろうとしたが、台湾警察の審査強化によってそれも叶わず。結局、新北市の温泉旅館に向かい、空き家に潜伏しているところを逮捕されている。

海外に逃亡する韓国人犯罪者

実際に韓国では近年、“2000万人出国時代”を迎えたといわれており、それに伴って海外に逃亡する韓国人犯罪者も増加している。

韓国法務部の資料によると、2012年から2016年6月まで在宅起訴された状態で海外に逃亡した犯罪者は、2373人に上った。

例えば、韓国国内で犯罪に走り、フィリピンに逃亡する犯罪者が年々増加しているという。

韓国警察によると、フィリピンで捕まった韓国人犯罪者は2014年33人、2015年47人、2016年84人となっている。84人という数字は、2016年に韓国に送還された海外逃走犯297人の約30%を占める割合だ。

韓国人女性の“遠征売春”も問題

また、海外における韓国人のイメージ失墜として最も問題視されているのは、売春婦の“海外売春”だろう。

以前、ロサンゼルス空港でK-POPアイドルが売春婦に間違われるトラブルがあった。言われなき誤解を受けた彼女たちには同情するが、一部とはいえ海外で売春を生業にする女性たちがいるからこそ起きたトラブルとも言える。

韓国メディアが2016年のアメリカの統計を調べたところによると、アメリカの売春婦のうち23.5%が韓国人女性だったという。タイ人11.7%、ペルー人10.0%などと比べても、圧倒的な1位となっている。

とある韓国メディアは「韓国人女性が海外で売春のトップを走っていることは、国家的な恥」と指摘したが、まさにその通りだろう。
(参考記事:国際犯罪の温床にも…韓国人女性たちが“遠征売春”に手を出す理由

韓国人犯罪の逃亡先となる国

それにしても不思議なのは、台湾で窃盗した韓国人男性が犯行直後の逃亡先としてなぜ自国ではなく、まず日本を選んだという点だ。

肝心の本人の話がないため明確な理由は不明だが、実は以前から韓国人犯罪者が逃亡先として日本を選んでいる背景もあるという。

ここ最近、特に増えているのは前出のフィリピンや中国だそうだが、日本にも少なくない韓国人犯罪者が逃亡しているのだ。

距離はもちろん、文化的にも韓国と日本が近いからなのか。それとも日本のほうが潜伏しやすいのか。

その理由はわからないが、いずれにしても海外で罪を犯せば、韓国メディアやネット民たちも黙ってはいない。

今回の事件に韓国のネット民たちは、「国家の恥だ、韓国に戻ってくるな」「そこで処罰されるべき」などと、辛らつなコメントを書き込んでいた。なかには「アイドルだけでなく、最近は泥棒も海外進出するんだな」などと皮肉る声もあったほどだ。

二度と同じような過ちがないことを願いたい。

(文=慎 武宏)