松山、12番からは3連続バーディを奪取した(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 2日目◇11日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の2日目。松山英樹は14番までプレーを消化。15番のティショットを打ったところで、雷雲の接近により競技は一時中断となった。
上々のスタートを切った日本勢の勇姿はフォトギャラリーで!
松山はトータル3アンダーで後半のプレーに入ると12番で約4メートルを決めたのを皮切りに3連続バーディを奪取。トータル6アンダー、首位と2打差の暫定につけている。首位はトータル8アンダーでフィニッシュしたケビン・キスナー(米国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャー最終戦、全米プロのスコア速報
松山英樹の一打速報、全米プロでもやってます!
“エース”と“好調”の2つのパター 「ギリギリまで迷った」松山英樹の選択は?
日本勢が揃って上々の立ち上がり 小平智は「後半落ち着いて何とか巻き返せた」
【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す