近年、バカやエロ、暴力、タバコなどをめぐる表現への苦情が相次ぐほか、コンプライアンスに気を取られるあまり、テレビ番組の自主規制は進む一方。放送倫理・番組向上機構(BPO)への申し立てやスポンサー企業への抗議などクレーマー優位の状況が続いて無難な番組が増え、視聴者のみならずタレントたちも「テレビがつまらなくなった」という声を上げ始めています。

 しかし、なぜか「お酒」だけはほとんど規制されていません。それどころか、飲酒シーンを売りにした番組は増え続けています。

 もはや“酒酔い番組”の定番となった「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)の「朝までハシゴ酒」に加えて、「二軒目どうする?ツマミの話」(テレビ東京系)ではジャニーズ事務所の松岡昌宏さんが、深夜番組の「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(テレビ朝日系)の「部族アース」では番組スタッフのナスDが、さらに朝番組の「ボクらの時代」(フジテレビ系)でも飲酒シーンがありました。

 ドラマのワンシーンで登場人物がタバコを吸っただけでも苦情が寄せられる中、なぜお酒だけは許されているのでしょうか。

脚本・演出の手法として欠かせない

 お酒だけ許されている理由は主に3つです。

 1つ目は、大手スポンサーの存在。飲料メーカーのCMがテレビ局の収入源として重要なのは言うまでもありません。「お酒のCMを流しているのだから、番組内の飲酒シーンも問題ない」「むしろ自然な形でお酒のシーンを取り入れてスポンサーを喜ばせよう」と考えているのです。ただし、「未成年がメインターゲットの番組では避ける」「ティーンへの影響力が強いタレントには飲酒させない」など一定の規制は見られます。

 2つ目は、お酒を絡めた脚本・演出で番組を盛り上げたいから。たとえば、ドラマなら脚本に飲酒シーンを入れることで登場人物がトラブルに巻き込まれたり、一夜の過ちを犯したりすることで、話を大きく動かすことができます。一方、バラエティー番組ではタレントの意外な素顔を見せ、本音トークを引き出すための演出としてお酒を使用。実際、飲酒シーンでの言動はネットニュースでよく取り上げられています。

 つまり、テレビ番組にとって「お酒は脚本・演出の道具として欠かせないもの」ということ。さすがに「アルコール度数の高いお酒をあおる」「一気飲みは盛り上がって楽しい」などの過激な脚本・演出はNGですが、ギリギリのラインまで活用することでエンターテインメントとしての魅力を上げようとしているのです。

 3つ目は、お酒が「最後の砦」となっているから。冒頭に挙げた通り、かつては許されていたバカ、エロ、暴力、タバコに関する表現が制限されるようになり、「あと残っているのはお酒だけ」という状態になりました。そのため、飲酒運転事故や泥酔暴行などの事件が起きた時、ワイドショーでは「飲酒が悪いわけではなく、事故や事件を起こす人が悪い」と強調するなど、お酒を守ろうという姿勢が見られます。

 視聴者サイドも、嫌煙社会に突き進むタバコほどのバッシングはしませんし、現段階では飲酒シーンを楽しみながら見ている人が多数派。「お酒を飲みながらテレビを見る」という人も多く、お酒好きな人とテレビ視聴者の相性は良いという側面もあるでしょう。

「表現の自由を取り戻す」静かな闘い

 表現の幅が狭くなっていることに疑問を抱いているテレビマンは多く、知人のバラエティー番組プロデューサーは「飲酒シーンを自主規制し始めたらテレビはおしまい」「そんなことをしていたら、表現の自由なCSや動画配信サービスに視聴者を取られてしまう」と話します。

 また、もし自主規制されたら、視聴者も「それはやりすぎ」と批判の声を上げるのではないでしょうか。若年層を中心に「お酒離れ」が進んでいることもあり、将来的な行方はわかりませんが、当面はお酒に関する自主規制はなさそうです。

 最後に触れておきたいのは、今夏スタートのドラマで登場人物の喫煙シーンが続いていること。「黒革の手帖」(テレビ朝日系)「ハロー張りネズミ」(TBS系)「僕たちがやりました」(フジテレビ系)で喫煙シーンが見られました。

 これは「細部の自主規制よりも、役柄の個性を重視しよう」という狙いによるものですが、「このままではいけない」というテレビマンの危機意識もある気がします。このような変化がドラマだけでなく、すべての番組にも波及していくのか。「表現の自由」を取り戻すべく、テレビマンの静かな闘いはこれからも続いていくでしょう。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)