松山、2日目のスタートホールはパー(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 2日目◇11日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の第2ラウンドがスタート。初日1アンダー15位タイにつけた松山英樹が後半のプレーをスタートさせた。
初日上々のスタートを切った日本勢の勇姿はフォトギャラリーで!
松山は1番でパー発進。ラフからのセカンドショットはグリーンに届かなかったが、3打目をしっかり寄せてパーをセーブした。
午前組でスタートした日本勢3人はプレーを終了。谷原秀人は4つ落し、トータル4オーバーでホールアウト。小平智は5つ落しトータル5オーバー、池田勇太は8つ落しトータル9オーバーでフィニッシュ。現在のカットラインは4オーバー、池田は残念ながら予選落ちが濃厚となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャー最終戦、全米プロのスコア速報
松山英樹の一打速報、全米プロでもやってます!
“エース”と“好調”の2つのパター 「ギリギリまで迷った」松山英樹の選択は?
日本勢が揃って上々の立ち上がり 小平智は「後半落ち着いて何とか巻き返せた」
【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す