北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、「米国は悲惨な代価を払うことになる」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米ハワイ州政府が、北朝鮮による核ミサイル発射を想定した避難ガイドラインを発表したことなどに言及。米トランプ政権が「恐怖の雰囲気をなくそうと」奔走していると指摘した。

また、「大国にふさわしからぬ周辺国」とする表現を使い、中国とロシアが国連安全保障理事会における制裁決議において米国に追随したことを暗に批判した。

そのうえで論評は、「半世紀をはるかに超える長きにわたる歳月、わが人民に不幸と苦痛を強要してきた米国の敵視策動を完全に終息させ、反帝・反米対決戦の最後の勝利を収めようとするのが、大陸間弾道ロケット『火星14』型試射の連続的な成功の雷鳴に映った白頭山大国の揺るぎない意志である」と強調。

続けて「米国とその追随勢力は、史上最悪の制裁・圧迫と無分別な軍事的挑発策動に執着している代価をどっさり払うことになる」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国は悲惨な代価を払うことになる

【平壌8月11日発朝鮮中央通信】11日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、朝鮮の成功裏の大陸間弾道ロケット第2次試射を注視した米国が直ちに朝鮮の憤激した火柱が自分らの侵略的拠点と本土に降り注ぐようなので不安と恐怖に震えていることについて暴露した。

最近、米国のハワイ州で建国以来初めて誰それの「弾道ロケット攻撃脅威」に対処するための退避訓練が行われた。

そわそわする恐怖の雰囲気をなくそうとトランプが本土の安全を保障するための措置を講ずると虚勢を張った。

「戦争不辞」だの、「戦争をしても朝鮮半島で行う」だのという狂った暴言をやたらに吐いた。

米軍部好戦狂らが朝鮮半島への戦略資産投入だの、「先制攻撃」だのと言って無分別に狂奔しているのはそのためである。

米国が国連安保理に君臨して、大国にふさわしくなくぺたりと伏せて顔色をうかがうのに汲々とするわれわれの周辺諸国を牛耳って、またもや対朝鮮「制裁決議」なるものをつくり上げたのも、その延長線で演じられた醜態である。

論評は、悲劇はこのような対策のない妄動がどの瞬間に米本土の破滅を招くか知れないヒステリックな空威張りだというところにあると嘲笑(ちょうしょう)し、次のように強調した。

半世紀をはるかに超える長きにわたる歳月、わが人民に不幸と苦痛を強要してきた米国の敵視策動を完全に終息させ、反帝・反米対決戦の最後の勝利を収めようとするのが、大陸間弾道ロケット「火星14」型試射の連続的な成功の雷鳴に映った白頭山大国の揺るぎない意志である。

米国とその追随勢力は、史上最悪の制裁・圧迫と無分別な軍事的挑発策動に執着している代価をどっさり払うことになるであろう。---