iPhone8からはホームボタンがディスプレイ内に埋め込まれると考えられており、それに伴ってユーザーインターフェースも変化することが予測されます。iPhone8で動作するiOS11は一体どのようなものとなるのか想像はつきませんが、デベロッパーによって公開された動画でイメージは湧くかも知れません。

iPhone8の動作をシミュレート

Twitterで@Rutherlingが公開した動画は、iPhone8で動くiOS11を模した自作のアプリをiPhone7 Plusで動かすというものです。仮想ホームボタンを押したり、ヘルスケアアプリを起動/終了させたり、ステータスバーを上から下にスワイプすることでロック画面に移行したりしている様子が動画では確認できます。
 


注目したいのは、ロック画面とホーム画面でのステータスバーの配置です。iPhone8はディスプレイの中央上部(iOS10まではホーム画面で時刻が表示されていた場所)にせり出す形でカメラやセンサーが設置されると考えられており、この部分をどうデザイン的に解決するかが鍵となっています。
 
動画では、ネイティブアプリであるヘルスケアアプリがポップアップ形式で表示され、ステータスバーやホームボタン部分の領域は使用されていないことが分かります。理に適ってはいますが、全画面表示が必要なアプリ(ゲームや動画など)ではどうなるのかという疑問も生じます。
 
ただし、Galaxy S8ではホームボタンが存在するかのように、特定領域を押し込むことでホーム画面に戻ることができるため、iPhone8でも同様のユーザーインターフェースが採用される可能性が高そうです。
 
 
Source:Twitter
(kihachi)