撮影:田中聖太郎

写真拡大 (全9枚)

 秦基博が作詞作曲プロデュースを務めた7枚目のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」が発売となった大原櫻子。11日、これを記念したアコースティック編成でのフリーライブを東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)で開催した。

 大原がフリーライブを行うのは、昨年7月3日川崎ラゾーナプラザ以来のこと。イベントは雨が心配されたが、本人登場時の元気な掛け声とファンの大きな歓声で、雨も吹き飛ばすかの様なスタートになった。1曲目はこの時期にぴったりのナンバー「真夏の太陽」でスタート。MCでは「天気が悪いから屋根が着いてしまってごめんね〜。でも私のライブは是非皆さんにも歌って盛りあがって欲しいので!よろしくね」とファンを気遣いつつ、その場にいる皆での歌唱を呼びかけ、2曲目で発売されたばかりの新曲「マイ フェイバリット ジュエル」を披露。「真夏の太陽」とはまた違った爽やかなサマーソングにファンは酔いしれた。

 さらに、「マイ フェイバリット ジュエル」のカップリングとして収録されている「Jet Set Music!」も初披露することに。本人も思わず「緊張するよー!カップリング曲を初披露しようと思いまーす」とコメントするなど不安げだったが、この曲はサビ部分をファンと一緒に歌いたいとの大原の意向からイベント直前にそれを生歌でレクチャーした動画も公開されており、「みんな覚えている?準備はいい!」と煽って勢いよくハイテンションな歌い出しでスタート。本人のイメージ通り、サビ部分は見事にファンも一体となった "合唱" が実現した。

 4曲目は打って変わって出世作ともいえる応援歌「瞳」を歌唱。「今日も本当に雨を心配してたんです。でも音楽の時は晴れ女パワーが出るんですが、(いま撮影中の)ドラマの時は雨も多かったりするんですよ〜」と音楽活動と役者活動が被る時期ならではのコメントも。そして「最後に聴いてください」とCDデビュー曲の「明日も」でイベントを締めるかと思いきや、「もう1曲歌っても良いですか?」と天候が悪い中集まった大勢のファンの為にもう1曲歌いたいとサプライズ。ファンの様々な曲のリクエストの声も聴き、ゆっくりアカペラで歌いだしたのは、ファンにも人気の高いバラード曲「ちっぽけな愛のうた」。サプライズでの歌唱だったため、1番は全てアカペラ歌唱で披露し、1番以降はアコースティックセットでの歌唱。フリーライブは大盛況で幕を閉じた。

 なお、大原は4th TOUR『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜』の開催が決まっており、そのチケット発売も直前に迫っているのであわせて注目だ。