「adidas(アディダス)」というブランドとしてはもちろんのこと、「スニーカー」というカテゴリでもアイコニックな存在となっている「SUPERSTAR(スーパースター)」。RUN DMCの名曲「マイ・アディダス」で歌われて以降、ヒップホップやストリート、ファッションの間でも欠かせないアイテムとして君臨しています。これまでもスケートボードやブーストソール仕様などのスーパースターが出回りましたが、最近ではまた新たなバージョンが登場しているのです。

 

それが今回紹介する「 スーパースター 80s DECON」。 一見すると普通のスーパースターですが、よく見ると一枚はぎのレザーアッパーを使用していて、スリーストライプスなどのパーツはレーザー彫刻によるものに。筆者も、これまで色々なスーパースターを見てきましたが、こんな仕様は初めてです。それでは、早速見ていきましょう!

 

凸凹のパーツを配してスッキリサッパリ仕様に!

お馴染みのスリーストライプスは、これまでのようにレザーバーツが貼られているのではなくレーザー彫刻で表現。ここだけを見てもガラッと印象が変わりますね。

 

スーパースターといえば、ホタテに似た形状の通称「シェル」と呼ばれるタバー性のトゥが定番。今作では1枚レザーが補強されていて、その上にレーザー彫刻によってシェルが表現されているのです。

 

エッジの部分にも特徴あり。クッションなどは配さずにレザーの断面をそのまま使用していて、スッキリとした印象に仕上げられています。

 

ヒールタブには、ブラウンのレザーとお馴染みのロゴマーク。二重でレザーを使用することで、ヒールのスタビライズ機能をしっかりと確保しています。

 

これまでも様々なバリエーションのスーパースターを見てきましたが、今作はなかなかのインパクトがありましたね! ラバーのシェルトゥや肉厚でクッション性能の高いアッパーといった、スーパースターのアイデンティティをすべて排除することで、スッキリとしたフォルムへとアレンジしていました。なのに、しっかりと放たれている存在感……。さすがアディダスと言わざるをえないアレンジですね!

 

,

アディダス オリジナルス スーパースター 80s DECON

2万1600円

一枚剥ぎのレザーアッパーを使用し、スリーストライプスなどのパーツはレーザー彫刻によって再現した新しいスーパースター。往年の人気モデルを現代風にアレンジした一足です。

 

【URL】

アディダスジャパン http://shop.adidas.jp/