北朝鮮政府の声明を支持する人民保安省軍務者集会(2017年8月11日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮で10日、同国政府が7日に発表した声明を支持する人民保安省(警察庁)軍務者集会が行われた。同日に、朝鮮中央通信が伝えた。

集会には、崔富一(チェ・ブイル)人民保安相と朝鮮人民内務軍の姜必勲(カン・ピルン)政治局長、人民保安省関係者、内務軍軍人、従業員などが参加した。

集会では、北朝鮮政府の声明が朗読され、演説があった。

演説者たちは、「米国がいまだに時代錯誤の妄想にとらわれて極端な軍事的冒険と制裁・圧迫に執着し続けるなら、それから得られるものは恥ずべき敗北と最後の滅亡だけだ」と述べた。

また、「社会主義祖国を圧殺しようとヒステリックにのさばる挑発者らを無慈悲に掃滅して最高司令官の内務軍、無慈悲な打撃隊としての使命と任務を立派に遂行していく」と強調した。