男子は早稲田大から6人がベスト8進出 [インカレ]

写真拡大

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3〜5日、本戦8月7〜13日/ハードコート)の本戦5日目、8月11日は男女シングルス4回戦と男女ダブルスの3回戦が行われ、シングルス、ダブルスともにベスト8が決定した。

◇   ◇   ◇

 第2シードの島袋将(早稲田大2年)は正林知大(中央大2年)を6-4 6-1のストレートで下し、ベスト8入りを決めた。「今日はサービスに助けられました。第2セットの入り方もよかった」と島袋。第1セット4-4で迎えた第9ゲームは15-40とダブルのブレークポイントを握られたが、このピンチを凌いで勢いをつけた。

 前年覇者の小林雅哉(2年)と第5シードの三好健太(4年)の4回戦は壮絶な試合となった。三好は第1セットを2-6で落とすと、第2セットも0-3と苦しい展開。しかし、ここから反撃に転じ、マッチポイントを凌いで最終セットに持ち込んだ。

 室内での激しいストローク戦はお互いが足をつり、アンダーサービスを繰り出す戦いとなった。「(第2セットは)このまま終われないと思った。最後のインカレ、悔いが残らないように戦いたかった」と言う三好が最終セットを6-2でものにし、決着をつけた。

20170811-24.jpg

(写真)早大対決は三好(左)が小林を下す

 第9シードの坂井勇仁と第6シードの古田伊蕗の早大3年対決は、坂井が7-6(6) 6-3でストレート勝利。同じく早大対決となった第8シードの郄村佑樹(2年)と第11シード齋藤聖真(3年)の4回戦は郄村が3-6 6-3 6-3で逆転勝利を飾った。

 早稲田大ふたりの1年生も4回戦に快勝した。千頭昇平は田中凛(中央大3年)との予選勝者対決を6-2 6-0で制し、第15シードの田中優之介も第3シードの大和田秀俊(中央大4年)を6-2 6-1で下した。明日の準々決勝で、千頭は坂井と、田中は三好との早大対決となる。

 早稲田以外のベスト8は第7シードの逸崎凱人(慶応義塾大3年)と第14シードの加藤隆聖(関西大4年)だ。逸崎は安田有賢(東海学園大3年)を6-3 7-5で下し、加藤は第1シードの望月勇希(中央大2年)を倒して勝ち上がった町田亮(早稲田大3年)を6-4 7-6(8)で退けた。

 室内で行われた加藤と町田の対決は一進一退の攻防となったが、最後は加藤がものにした。「今日は相手をしっかりと見て戦うことができた」と加藤。関西から唯一の8強入りで、明日の準々決勝は郄村との対戦となる。

20170811-25.jpg

(写真)8強進出を決めた加藤

 明日の大会第6日は、男女シングルス準々決勝、男女ダブルス準々決勝が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、4回戦に快勝して8強進出を決めた島袋将(早稲田大2年)