カラダの潤いは、SEXや女性を艶やかに見せるために不可欠なもの。美味しく食べられて、さらに濡れやすくなる、優秀食材をレクチャー。

教えてくれたのは管理栄養士の篠原絵里佳さんです。

「濡れやすくなるためには、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするイソフラボンや、分泌にアプローチするビタミンなどを含む食材を選ぶことが大事です。さらに、女性ホルモンを作る素材・タンパク質や、分泌をよくする亜鉛を含むものもおすすめ。調理の仕方により作用が変わるので、各栄養素に合ったものを知ることが大切です。食事は、栄養を摂るだけでなく、コミュニケーションを図ることも目的のひとつ。パートナーとの会話を楽しみときめくことで、ホルモンの分泌は、より活発になりますよ!」

代表的な女性精力フード

アボカド…ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE

牛ヒレ肉…タンパク質、ビタミンB2、ビタミンB6、飽和脂肪酸、亜鉛

納豆…大豆イソフラボン、ビタミンE、タンパク質、ビタミンB2、ビタミンB6

体を高める条件

女性ホルモン(エストロゲン)、ビタミンA(βカロテン)ビタミンB2+パートナーと一緒に食べるひととき

精力フードに含まれる主な栄養素の働き

・イソフラボン女性ホルモンと似た働きをする成分として有名。多く含む大豆製品は、1日1回取り入れるのが正解。

・ビタミンB6女性ホルモンの生成や代謝に働きかけ、ホルモンバランスを整える。水溶性のため、茹でると水に流れ出てしまう。

・ビタミンE脳下垂体や卵巣に働きかけて、女性ホルモンのバランスを整える。マヨネーズやごまで和えたり、油で炒める調理を。

・動物性油脂(飽和脂肪酸)女性ホルモンの材料となるコレステロールを作るもとになる。食べすぎると肥満になるので注意が必要。

・タンパク質女性ホルモンを作るメインの材料となる。動物性と植物性の2タイプがあるが、両方をバランスよく摂ることが大切。

・亜鉛 女性ホルモンの分泌を活性化させる。食品添加物には亜鉛の吸収を阻害するものがあるため、加工食品の食べすぎには注意。

ビタミンA(Bカロテン)ビタミンB2の働き

粘膜を健康に保ち、潤いを与える。ビタミンAは脂質の多いものと調理すると吸収率UP。

篠原絵里佳さん 管理栄養士。医×美×食を融合させた体の内側から美を作る食事を見出し、幅広く発信。『四季の野菜大図鑑』『旬の野菜手帖』(共に耷出版社)など書籍の監修を手がける。

※『anan』2017年8月16・23日号より。取材、文・重信 綾 写真:Getty Images

(by anan編集部)