ラヴ・ディアス監督映画『立ち去った女』ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞

写真拡大

ラヴ・ディアスとは?

“怪物的映画作家"と評され、世界の映画祭を次々と制覇してきたラヴ・ディアス。フィリピンが生んだ巨匠。2016年のベルリン国際映画祭で、『痛ましき謎への子守唄』が銀熊賞を受賞、約半年を経てベネチア国際映画祭で『立ち去った女』が金獅子賞に選ばれる。ラヴ・ディアスは1年で、世界三大映画祭の2つを制覇してしまった。

そして、最新作『立ち去った女』が2017年10月より全国で順次公開されてく。

無実の罪で30年も投獄

『立ち去った女』は、『ショーシャンクの空に』の原点となった、ロシアの文豪レフ・トルストイの短編にインスパイアされた作品。殺人の罪で30年間も投獄されてしまう無実の女、そして、その黒幕は、彼女のかつての恋人だった…というストーリー。

背景にはフィリピンの現代史を盛り込みつつ、哲学、宗教、寓話的な要素、そして詩情をも取り入れ、揺れ動くヒロインの心情、人の善悪をじっくり描き出すヒューマンドラマだ

上映時間は短く3時間48分

ラヴ・ディアスのこれまでの作品は超長編。5〜6時間は当たり前で、9時間に達する作品もあった。それでも、その独特なリズムは”魔術的魅力”を持ち、見る人は徐々に引き込まれていく。『立ち去った女』の上映時間は奇跡的にも”3時間48分”。ラヴ・ディアスの世界観を初めて体験する人には絶好の機会かもしれない。

『立ち去った女』あらすじ

殺人の罪で、30年もの間投獄された無実の女ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)。真の黒幕は、彼女のかつての恋人ロドリゴ(マイケル・デ・メサ)だった。出所したホラシアは、自分を陥れた男を追って、孤独な復讐の旅に出る。彼女の前に現れたのは、アヒルの卵売りの男、物乞いの女、そして心と身体に傷を抱えた謎の“女"(ジョン・ロイド・クルズ)。困っている者、弱い者たちに優しく手を差し伸べ、惜しみない愛を注ぐホラシア。そんな彼女を慕う者たちの助けで、復讐すべき男との距離は徐々に縮まっていく…。

作品詳細

『立ち去った女』
原題:Ang Babaeng Humayo/
英題:The Woman Who Left
監督・脚本・編集・撮影:ラヴ・ディアス
出演:チャロ・サントス・コンシオ、ジョン・ロイド・クルズ、マイケル・デ・メサ
2016/フィリピン/タガログ語/モノクロ/
上映時間:228分/
配給・宣伝:マジックアワー


[写真付きで読む]ラヴ・ディアス監督映画『立ち去った女』ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞

外部サイト

  • 映画『エイリアン コヴェナント』エイリアンの前日譚 第2章、前作から10年後の未来を描く
  • 湊かなえ原作映画『望郷』主演・貫地谷しほり×大東駿介、ふたつの親子の感動のミステリー
  • ドキュメンタリー映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き』"コトラとその家族"や世界のネコたちの生きる姿