ムスカラ フェロ ジェイ

写真拡大

 「フエギア 1833(FUEGUIA 1833)」が、フェロモンの模倣をテーマにした香水「ムスカラ フェロ ジェイ(MUSKARA PHERO J)」を発売した。調香師はジュリアン・ベデル(Julian Bedel)。
 ムスカラ フェロ ジェイは、アマゾンやアンデス地方の伝統医療に用いられていた催淫効果のある植物からインスピレーションを得て、フェロモンと類似した分子構造をもつ「香りのない分子」を採用。肌の持つ香り分子を吸着して揮発を促す効果のある成分が、香水を身につける人が持つ本来の魅力を引き出す。
 価格は、30ミリリットルが1万6,100円、100ミリリットルが3万1,000円。また、パフュームと同時に展開されたオイルは1万4,600円(すべて税別)。グランド ハイアット 東京内に構える東京本店のほか、8月27日までギンザ シックスで開催しているポップアップストアで取り扱っている。