@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

もくじ

ーRS否定派の主張は「夢中になれない」
ー走らせてみれば「食わず嫌い」解消へ
ーRS4「熱中できない問題」は本当か?
ー乗り心地を検証 そのほかの魅力も

RS否定派の主張は「夢中になれない」

初代RS4は、莫大なパワーと強力な4WDのトラクションの組み合わせという、RSブランドのテンプレートを設定した。後者は、ドライバーのレベルや天候にかかわらず、扱いやすいハイパフォーマンスを実現してくれる。

パワフルなクルマを扱いやすくするということは、それがフールプルーフなクルマになるという問題も孕んでいる。

結果、アウディの速いモデルは、メルセデスやBMWの競合車種ほど、ドライバーを夢中にさせるものではない傾向にある。

このことこそ、RSモデルに否定的なひとびとが真っ先に指摘する点だ。

しかし、いまやこのRS4は古いクルマであり、油圧ステアリングをはじめとするすべてのフィーリングも車齢なりのものとなっている。

本当に、心惹かれないものなのだろうか?

走らせてみれば「食わず嫌い」解消へ

すぐにでも欲しくなるようなクルマだとわたしは思う。

速いクルマで、鋭敏さと攻撃性のバランスがこれほどみごとなものは少ない。近年のパフォーマンスカーのような、これ見よがしのルックスでないのもいい。

内装も好ましい。

最近のクルマは、軽量化やコスト削減に走って、このRS4の頃にあったような重厚さに欠ける。

たしかにやや時代遅れなのは認めるが、想像していたほど古臭くはない。

試乗した個体にはオプションのバケットシートが装着されていたが、サーキットを攻めるには重さも豪華さも過剰なRS4では、無駄なように感じられる。

なんといっても、これはワゴンなのだ。とはいえ、そのことがまた違ったアドバンテージを生んでいる。この手のハイパフォーマンスなネオヒストリックカーに、ファミリーで使えるものはそうそうない。

そして、走らせればこれが速い。ターボラグはあるが、それは小さく、2.7ℓV6そのものが活発なユニットなので気にならない。

ゼロ発進から4輪が駆動し、ふたつのターボはそれと気づかぬうちに回り始める。それによって、視界は流れて不鮮明になり、あっという間に距離を詰めていく。

ベストな状態にあるクラシックな速いアウディは、洗練され控えめながら、同時にショッキングなパフォーマンスを得られるもの。そして、ウェットでもドライでも、ほぼ変わらぬグリップを体感できるものだ。

しかし、熱中できるかという点はどうなのか?

RS4「熱中できない問題」は本当か?

RS4のステアリングは、多くの旧き佳きパフォーマンスカーほどにはフィードバックがない。

とはいえ、現状を感じ取るには十分でもある。このクルマを、究極的なドライビングマシンだと考えるのは間違いかもしれないが、可能な限り速いペースで移動できる道具としては秀逸だ。

ハードにプッシュすると、それはおそらく予想以上にハードなことになるだろうが、それでもRS4は派手にドリフトする代わりに、穏やかなアンダーステアを示すだろう。

すべてが安全のうちに進む。しかし、そこに愉快さがないとは思わないでほしい。

というのも、その時点に至る前に、RS4のコーナリングスピードは、ドライバーの頭脳が正当化できないほど速くなっているからだ。

コーナー中盤で不器用にスロットルペダルを踏みこんでも、魔法のようなグリップとトラクションがあることに驚かされ、コーナー出口をカタパルトで打ち出されるように飛び出していく。

それだけの勢いがある一方で、走行ラインは乱れず、乗り心地も楽しめるのである。

気になるであろう、乗り心地にもすこし触れておこう。

乗り心地を検証 そのほかの魅力も

この手の速いアウディは、乗り心地がひどくハードなのではないかと思われるかもしれない。

おそらく、時を経て、もっと大きなホイールやハードなサスペンションを体験しすぎたせいで鈍感になった部分も大きいだろうが、このRS4の乗り心地は耐えられないほどではなかった。

たしかに、ソフトとは決して言えないし、ある程度深いくぼみなどにはまれば強い衝撃を受ける。

だが、バケットシート付きの仕様でさえも、数多くの試乗経験で敏感になった背面が不快感を訴えることはなかった。

同時代のライバルと比較すれば、RS4は純粋な熱中度で太刀打ちできない。アジャスト性というものが感じられないのだ。

けれども、それだけがパフォーマンスカーの楽しみではない。このアウディが与えてくれるのは、たとえばセンセーショナルなサウンドだ。

それは、望めばいつでも得られて、実にエキサイティングな音色である。

それから、ルックスも素晴らしいし、実用性や質感も満足できるものだ。こればかりは、どれほどのアンチ・アウディ派でも認めざるを得ないほどである。