3番ホール、パットを沈め次のホールへ向かう小祝さくら=軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司) 

写真拡大 (全3枚)

 NEC軽井沢72第1日(11日、長野・軽井沢72ゴルフ北C=6655ヤード、パー72)濃霧のため3組がホールアウトできなかった。日本ツアー7戦目のアン・シネ(26)=韓国=はバーディーなし、1ボギーの71、通算1オーバーで暫定54位。比嘉真美子が8バーディー、ボギーなしの64、8アンダーで暫定首位に立った。辻梨恵が5バーディー、ボギーなしの67、5アンダーで暫定の2位。4アンダーの暫定3位には藤田さいき、福嶋浩子、小祝さくら、福田裕子、キム・ハヌル(韓国)、黄アルム(韓国)が並んでいる。

 「韓国セクシークイーン」の異名を持つアン・シネは午前8時39分に1番(パー4)からスタート。パーで発進した。コースは前夜の雨でややウエットなコンディション。スタート時は曇りの天候。休日とあって朝早くからギャラリーが詰めかけた。3番(パー3)までパープレーだったが、4番(パー4)でボギー。前半はバーディーなしの37で折り返した。

 この日は予告通り、上が白地に薄い青のボーダー、下が白のタイトスカート、左右が青と白の色違いのソックスがアクセントのウエアだった。1Wは前回初使用した「赤」から再び「白」に戻した。バックナインもバーデイーを奪えず、後半はパープレーだった。