TBS系『ハロー張りネズミ』番組公式サイトより

写真拡大

 瑛太主演ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の第4話が4日に放送され、平均視聴率4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の10.3%をピークに、右肩下がりが続いてしまっています。

 さて、視聴率下落の原因はひとまず置いておいて、まずは今回のあらすじを少し。主人公・七瀬五郎(瑛太)が働く『あかつか探偵事務所』に今回訪れた依頼主は、人気漫画家の北村アキコ(内田慈)。その依頼とは、アキコが離れで仕事をしている間、自宅で留守をする5歳の娘・七恵(後藤由依良)に起こる不可思議な現象を解き明かして欲しいというものでした。

 その現象というのは、誰も家に侵入した形跡がないのに、七恵が1人で作れるはずのないオムレツが用意されていたり、アキコの画風に似た絵が描かれた紙があるといったもの。七恵によれば「ママが作った(描いた)」とのことですが、もちろんアキコには身に覚えがありません。

 依頼を引き受けた五郎は、七恵が1人で留守番する姿を防犯カメラの映像で見守ることに。するとそこには、誰もいない場所に向かって「ママ」と話しかけ始め、「抱っこ」と駆け寄ると本当に誰かに抱っこされているように空中に浮遊する七恵の姿が映し出されるのです。

 目を疑う超常現象にお手上げ状態となった五郎は、児童心理学者の梶谷隆一(古舘寛治)にアドバイスを求め、五郎の話に興味を抱いた梶谷が北村家を訪れるのですが、ここでとんでもない事件が起こります。トイレに入った梶谷の頭上に巨大な手が現れ、頭頂部を爪で引っ掻かれて血だらけになってしまうのです。

 困り果てた五郎は、知り合いの出版社社長・南(リリー・フランキー)に相談。すると、南が昔、オカルト系雑誌を出版していた頃に知り合ったという霊媒師・河合節子(蒼井優)を紹介されます。

 北村家を訪れた節子は、すぐさま超常現象の原因を察知。和室にある1本だけ古びた柱から強い霊気を感じると言うのです。そして、護符縄を取りに部屋を離れるのですが、その間、1人きりになった五郎の前に突如として巨大な手が現れ、爪で引き裂かれそうになってしまいます。

 護符縄を手に戻ってきた節子によって間一髪のところで助けられる五郎。節子はその護符縄を柱に縛りつけて幽霊を閉じ込めるのですが、それはあくまでも応急処置。効力があるのは3日ほどで、その間に根本的な原因、つまり、古い柱の正体が一体何なのかを探らなければならないと告げます。そこで、第4話は終了となりました。

 今回の感想ですが、率直な意見としてはまず、テンポの悪さを感じてしまいました。というのも、児童心理学者の梶谷が幽霊に襲われるシーンが2回も流れるんですね。まず冒頭で、視聴者の関心を引くためのショッキングなシーンとして流れます。

 そこから画面暗転して、アキコがあかつか探偵事務所を訪れる1週間前のシーンに切り替わります。今度は時間経過を順番に追っていく中で、再び梶谷が襲われるシーンが流れるのですが、これが冒頭とまったく同じ。こちらとしてはもうすでに何が起こるかわかってるわけですから、テンポの悪さにイライラしてしまうのです。

 冒頭にインパクトのあるシーンをもってきて視聴者の心を掴むのは、ドラマや映画での常套テクニック。しかし、中盤でまた同じシーンを流すのであれば、アングルを変えるなど目新しさを加えるべきだと思うんですね。あるいは、冒頭のシーンでは幽霊の手を見せず、梶谷が血だらけになってしまった姿だけを映すとか工夫できたのではないでしょうか。

 そもそも、原作を読む限り、今回の話は2回に分けるほど内容の濃いものではないんですよね。無理に分けてしまったために、こういった微妙に冗長に感じるシーンが出てきてしまったのではないでしょうか。正直、次回の視聴率はさらに下がるような気がしてなりません。

 ただ、節子役を演じる蒼井優のキャラ作りは秀逸だと思いました。原作での節子は太った中年女性で特に特徴はありません。しかし蒼井は、くだらない冗談を言うかと思えば、霊気を感じた途端にキリっとした表情になるなど、どこか飄々として掴みどころのない独特の存在感を発揮しています。

今回のエピソードは、その蒼井の演技によって成り立っている部分が大きいのではないでしょうか。これを下手な女優が演じていたら、次回はおろか、今回の放送分だけでもかなりダレてしまっていたと思います。

 さて、超常現象の謎が明らかになる次回。原作では幽霊から発せられるすさまじい霊気によって節子の衣服が破れて素っ裸になるのですが、果たして忠実に再現されるのでしょうか。期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)