挙式し、幸せいっぱいの笑みを見せる柿谷曜一朗と丸高愛実=大阪市内

写真拡大

 サッカー元日本代表FW柿谷曜一朗(27)=C大阪=と、タレントの丸高愛実(27)が11日、大阪市内のホテルで挙式・披露宴を行った。セレッソのチームメイト、清武弘嗣や山口蛍ら約200人に祝福され、笑顔あふれる式となった。

 2年半の交際を実らせて昨年12月8日に入籍し、柿谷の背番号8にちなみ、同日午後8時にツイッターで結婚を発表した2人。この日は丸高がお色直しでセレッソカラーのピンクのドレスを、柿谷もピンクのベストを着用。新郎新婦の席の周囲はピンクを中心にしたバラで彩られ、コース料理の最後には、背番号8が書かれたベリー系のデザートもふるまわれるなど、“セレッソ愛”あふれる3時間半の披露宴となった。

 丸高がテレビで共演する志村けん、ダチョウ倶楽部らからもVTRで祝福メッセージが寄せられた。

 挙式、披露宴を終えた柿谷は「無事、結婚式を終えることができ大変嬉しく思います。ご参列頂いた方々にたくさんの祝福の言葉を頂きました」と感謝の思いとともに「より一層努力し、お嫁さんになってくれた丸高愛実さんをしっかり支えていけるように頑張っていきます」と改めて決意を語った。

 丸高も「これからは2人で協力しあって笑顔がいっぱいな温かい家庭を築いていきたいです!」と笑顔があふれていた。