水嶋ヒロがミニーのファンキャップを被るワケ(画像は『Hiro Mizushima 2017年8月11日付Instagram「Terrible twos」』のスクリーンショット)

写真拡大

俳優の水嶋ヒロが可愛いミニーのファンキャップを被って、放心状態になっている。この写真には「#魔の2歳児」と添えられているので、愛娘との間で彼を悩ませる出来事が起こっているようだ。

Instagramで公開された虚ろな表情の原因が、11日の『水嶋ヒロ OFFICIAL SITE』のブログに綴られている。大事に大事に育ててきた娘から「最近めちゃ嫌がられてる」そうだ。父親が困った顔をするのが面白くてわざと意地悪をしているのではなく本気で嫌がっているため、彼は悲しくて涙する日もあったらしい。

長女は最近ママにはベッタリでいつも楽しそうに遊んでいるのに、水嶋とは「ひどい時は“同じ空間にいるのも本当に嫌”」と全身で表現してくるという。彼が一番驚いたのは「“パパ”って満面の笑みでそばまで来てくれて、大喜びで近くに駆け寄ったら泣きながらすれ違いざまに、俺の足をギュッとつねった上でママの方へ」行ってしまった時で、しばらく呆然と立ち尽くしていたそうだ。

そんな水嶋の失意の日々を救ってくれたのが、ミニーのファンキャップである。「ミニーになってる時だけ嫌がられないことが判明した」と言い、室内でエアコンが効いていても被り物は暑くて耐え難いが、水嶋ヒロは愛娘と触れ合うためミニーの姿で頑張っているのだ。

この日のブログや『Hiro Mizushima hiro_mizushima_official Instagram』には、子育て経験のあるファンから励ましの声がたくさん届いている。「うちの娘来週2歳も、パパがとっても嫌いです」「ウチの娘はパパだけじゃなく男性全般を拒否って時期があった、でも一時期だけだからね」「うちもそうでしたー。パパのなんとも言えない顔が…辛かった。娘ももうすぐ2歳半ですが最近じゃ急に引くくらいパパっ子です」といったコメントが見受けられる。来年の今頃は、ミニーのファンキャップを見ながら笑い話になっているのではないだろうか。

画像は『Hiro Mizushima 2017年8月11日付Instagram「Terrible twos」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)