赤道ギニア政府代表団を迎える金永大最高人民会議常任副委員長(朝鮮中央通信)

写真拡大

北朝鮮の金永大(キム・ヨンデ)最高人民会議常任副院長が10日、平壌を訪問中のビクトル・クランジェ・メイレ農業・畜産・食糧相ら赤道ギニア政府代表団と面談した。朝鮮中央通信が伝えた。

同代表団はこれに先立ち、高人虎(コ・イノ)内閣副総理兼農業相と会談した。

石油輸出で経済的に潤う赤道ギニアは、北朝鮮にとって重要な友好国のひとつ。

朝鮮中央通信の一連の報道全文は次のとおり。

最高人民会議常任委員会副委員長が赤道ギニア政府代表団と会見

【平壌8月10日発朝鮮中央通信】最高人民会議常任委員会の金永大副委員長は10日、平壌の万寿台議事堂で表敬訪問したビクトル・クランジェ・メイレ農業・畜産・食糧相を団長とする赤道ギニア政府代表団に会って談話を交わした。

金永大副委員長は、金日成主席と金正日総書記がかつて新社会建設のための赤道ギニア政府と人民の闘いに格別な関心を払って積極的に支持、声援したことに触れ、今後も両国間の友好・協力関係を変わることなく強化発展させていくことについて強調した。

ビクトル・クランジェ・メイレ農業・畜産・食糧相は、朝鮮人民は赤道ギニア人民が最も困難な時期に誠心誠意援助したとし、両国間の関係は真実な兄弟の関係であると述べた。

また、赤道ギニア共和国政府と人民は敬愛する金正恩最高指導者閣下の賢明な指導の下で国の自主権と民族の尊厳を守るための朝鮮民主主義人民共和国政府と人民の正当な闘争と自衛的措置を積極的に支持すると強調した。

そして、訪問を通じて科学技術が飛躍的に発展している朝鮮の現実についてよりよく知ることになったとし、今後、農業分野で両国間の協力が拡大されることを希望すると述べた。---

朝鮮内閣副総理兼農業相と赤道ギニア農業・畜産・食糧相間の会談

【平壌8月8日発朝鮮中央通信】高人虎内閣副総理兼農業相と赤道ギニア政府代表団団長であるビクトル・クランジェ・メイレ農業・畜産・食糧相間の会談が8日、平壌の万寿台議事堂で行われた。

これには、朝鮮側から関係者が、相手側から赤道ギニア政府代表団員が参加した。

会談では、農業分野において両国間の協力関係を強化し、発展させていくことに関する問題が討議された。---