AbemaTV(アベマTV)にて8月10日に放送された極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』で「芸人のクイズ力にかける極楽エロクイズ」という企画が開催され、セクシー女優になってから1ヶ月という女性が、仕事に関しての感想をぶっちゃけた。

 同企画は企画名の通り、エロいクイズにゲストが答えるという内容。第一門目には1番と2番の番号札をつけた2人の女性が登場し、どちらがセクシー女優なのかを当てるというクイズが出題された。ゲスト回答者の筧美和子が「好きな男性のタイプは?」」と質問すると1番は「オールジャンル」、2番は「笑顔が可愛い人」と回答。続いて舟山久美子が「自分の身体の好きな部分は?」と問うと、1番は「お尻」、2番は「目です」と答えた。

 この時点で何となく正解は1番なのではないか……という雰囲気がスタジオには流れていたが、なんと正解を発表すると「2人ともセクシー女優」という結果に。1番は、秋山ゆうさんという方で、セクシー女優歴5年。2番の女性はデビューからたった1ヶ月の桜結奈さん。一般の方にしか見えなかった桜さんがセクシー女優ということで、舟山も筧も驚きの表情を隠せないようだった。

 ここで、加藤が桜さんに「Hしてみたい芸能人は?」と問うと「妻夫木聡さん」とのこと。さらに「イライラする男の愛撫は?」という質問には「ねちねちする人」。セクシー女優になったきっかけはスカウトだそうで、場所は「ネット上」だという。桜さん曰く「ネットの掲示板があってこういう仕事を探していますという書き込みをしていたら(スカウトされた)」そうで、始めは風俗系の仕事を探していたところ、現在の事務所から声がかかったと明かした。

 デビュー作は10月に発売されるそうで、加藤が「どうでした?初AVは?」と尋ねると「激しかったです」と感想を述べた。さらに「今までお付き合いした人とは比べ物には?」と聞くと「(比べ物に)ならなかったです」と即答し「テクニックとか、大きさとか。うまいんですよね。ポイントをついて来る。ピンポイントでついてくる」とAV男優のすごさを語った。さらに、初めての作品に挑戦した結果、この仕事を「続けたい」と思ったことも告白した。

(c)AbemaTV