エムレ・ジャン【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスが、リバプールのDFエムレ・ジャンの獲得に迫っているようだ。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 今夏の移籍市場で中盤を強化したい考えのユベントスだが、これまで良い補強ができていない。そこで、再びエムレ・ジャンに注目しているようだ。

 報道によると、同選手はリバプールから契約延長をオファーされたが、これを断った。これはイタリア行きに向かうためとみられている。

 ユベントスはリバプールに対して、2500万ユーロ(約32億5000万円)を支払う準備がある。だが、リバプール側は3000万ユーロ(約39億円)以上を求めているそうだ。

 ユベントスはローマのMFケビン・ストロートマンにも注目しており、この数日間でどちらを選ぶかを決める見通しだという。

text by 編集部