元“ファルカオの相棒”アドリアン、デポル復帰へ…U21EUROでは得点王に

写真拡大

 デポルティーボは10日、元スペイン代表FWアドリアン・ロペスのメディカルチェックを11日に行うと発表した。その後現地時間午前9時30分から記者会見が行われることも合わせて発表された。

https://twitter.com/RCDeportivo/status/895692061596418049

 アドリアンは1988年生まれの29歳。2006−07シーズンにデポルティーボで1部デビュー。2度のレンタルを経て09−10シーズンには21歳ながら10番を背負って主力としてプレーし、翌シーズンには自身初の公式戦2桁得点を記録したがチームは降格してしまう。シーズン終了後はU−21スペイン代表としてU−21欧州選手権に出場。5得点で大会得点王になり、チームの優勝に貢献した。この活躍もあって11−12シーズンにはアトレティコ・マドリードに移籍。コロンビア代表FWラダメル・ファルカオとともに2トップを組み、公式戦19ゴールと得点を量産した。同シーズンにはスペイン代表にも招集、デビュー戦でゴールも決めた。

 しかしその後はスペイン代表FWジエゴ・コスタの台頭や元同代表FWダビド・ビジャの加入もあって出場機会が減少。ポルトへと活躍の場を移す事になる。アトレティコ・マドリード時代にはディエゴ・シメオネ監督のもと、リーグ制覇やヨーロッパリーグ優勝も経験した。14−15シーズンに5年契約を結んだポルトでは公式戦わずか1ゴールと結果を残せず、2年目にはビジャレアルにレンタル移籍で加入。昨シーズンは一度はポルトに戻ったものの、1月に再びビジャレアルにレンタル移籍、公式戦17試合で2ゴールという結果だった。