CNBLUE ジョン・ヨンファ、BLACKPINKと「口笛」デュエットステージを披露

写真拡大

CNBLUEのジョン・ヨンファが、「自分の出来る限りを『パク・ジニョンのパーティーピープル』ですべて見せたい」と抱負を明らかにした。

12日の24時15分から韓国で放送されるSBS「パク・ジニョンのパーティーピープル」では、最近2ndソロアルバム「Do Disturb」でカムバックしたCNBLUEのジョン・ヨンファが出演する。

この日ジョン・ヨンファは、キーボード演奏からギター演奏まで多種多彩な一面と共に華やかなステージで現場を熱狂させた。ジョン・ヨンファのステージを見たMCパク・ジニョンは「本当に才能がたくさんあり、まだ見せていない面もたくさんありそうなので、ステージを見ながら僕が悔しかった」と感嘆した。その言葉を聞いたジョン・ヨンファは「自分の出来る限りを『パク・ジニョンのパーティーピープル』ですべて見せたい」と話し、観客の歓声を誘った。

ジョン・ヨンファは宣言通り、この日の収録でミュージシャンとしての才能を惜しみなく披露した。多様な楽器の演奏はもちろんのこと、この日の放送で一緒に出演したBLACKPINKの「口笛」のイントロ部分を口笛でそのまま再現したりもした。まるでCDを聞いているような正確な音程に驚いたBLACKPINKは、ジョン・ヨンファの「口笛」の伴奏にラップを合わせ、異色のデュエットステージを作りだし、目をひいた。

ジョン・ヨンファは、この日「パク・ジニョンのパーティーピープル」の話題のコーナー「乗っ取りソング」で、BLACKPINKの「火遊び」を披露した。直接ギターを演奏しながら、全く新たな感性の伴奏でアコースティックバージョンの「火遊び」を誕生させ、観客の歓声を浴びたという。

「パク・ジニョンのパーティーピープル」は、毎週土曜日夜12時15分に放送される。