特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」の関連イベントでタイの民族衣装姿を披露するタレントのはるな愛=東京・上野(撮影・梶川浩伸)

写真拡大

 ニューハーフのタレント、はるな愛(45)が11日、東京・上野の国立博物館で行われている特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」(8月27日まで)の関連イベントに出席した。

 2009年に同国パタヤで開かれたニューハーフの美人コンテスト「ミスインターナショナルクイーン2009」で優勝したことがきっかけで、すっかり同国のとりこになり、100回以上訪問しているという。

 タイの魅力について、料理や人々の優しさにも触れた上で、「なんといってもおねえに優しい国。デパートの売り場にいたり、村長や警察官にもいる」と熱く語った。

 またお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が同日、不倫疑惑報道について釈明したことについて、「奥様とぜひタイの仏の前に来て。仏様の前で心を洗っていただきたい」と笑わせた。