最近、中国のネット上では、中国版「深夜食堂」が大きな議論を巻き起こしている。「おもしろくない」と評価するネットユーザーも多く、「中国版は中国らしさがない」というコメントもある。

写真拡大

最近、中国のネット上では、中国版「深夜食堂」が大きな議論を巻き起こしている。「おもしろくない」と評価するネットユーザーも多く、「中国版は中国らしさがない」というコメントもある。山西省の太原駅近くの路地には夜食の「インスタントラーメン専門店」があり、営業時間は夜9時から翌朝6時まで。「二十九年インスタントラーメン」と書かれた簡素な看板が掲げられている。非常に質素であるにもかかわらず、地元ではこの店を知らない人はおらず、ネットユーザーからは「真の中国版深夜食堂」と呼ばれている。一財網が伝えた。

この店でインスタントラーメンを作る薛さんは山西省臨県出身で、「初めは一人でこの店を始めたが、今は妻と息子夫婦も手伝ってくれている。以前は煮込んだインスタントラーメンだけだったが、今は炒めたインスタントラーメンや肉の串焼きも売っている。店は小さいけど、1日に最低200食以上のインスタントラーメンが売れ、多い時なら300食は売れる。孫にこの店を継いでほしいと思っているほど」と話した。

商売が繁盛しているため、近所の人は、「1年でBMWが買えるほど儲かっているとみんな言っている」と冗談交じりに話した。一方、湯気が上がる鍋の横で、薛さんは、「一生懸命働いて稼いだお金」と笑顔で話した。提供しているのはシンプルなインスタントラーメンに過ぎないが、子供のころから大人になるまでそれを食べ続けているという人も多い。

薛さんの店ではインスタントラーメンを10元(約165円)で販売し、毎晩200-400食売れている。1食当たりのコストが約2元(約33円)とすると、1食当たり8元(約132円)の利益になり、200食でも1600元(約2万6400円)儲かる計算だ。それに、肉の串焼きが1日に2000〜3000元(約3万3000-5万円)売れていると計算すると、1年で100万元(約1650万円)以上儲かっていることになる。

店にいた客を見ると、夜勤のタクシーのドライバーが3〜5割ほどで、乗せた客のエピソードについて語り合っていた。また、残業上がりの労働者が、イスに座って慣れた手つきで具や味付けをしているほか、クラブでの仕事を終えてやってきたメイクバッチリで、ハイヒールを履いた女性がゆっくりとインスタントラーメンを食べていた。その他、夜に到着する列車に乗ってやってきた旅客がカバンを抱えてインスタントラーメンを食べていた。20年以上も続く薛さんの店で、多くの地元の人は懐かしい味を楽しんでいる。

薛さんの店のインスタントラーメンは、茹で方は普通であるものの、トッピングの仕方は独特。常連客は、まずラーメン鉢を取り、調味料を自分で入れて、それを薛さんに渡すと麺と卵、ソーセージを入れてもらえることを知っている。インスタントラーメンに付いている粉末スープのほか、コリアンダー、ニンジン、ザーサイ、大豆など、調味料は自分の好みで入れることができる。

小さな店は多くの客でにぎわっており、うわさを聞きつけて初めてやって来た人もいれば、友人と一緒に思い出の味を楽しみにやって来た人、さらには常連客もいる。ここによく食べにくるという80後(1980年代生まれ)のある男性は、「ここに初めて食べに来たのは20年前。その時はまだ11か12歳で、友達と遊んでからここに来てインスタントラーメンを食べた。あの時はまだ1杯3元(約50円)で、卵も付いていた」と話した。

約20年前、太原市の北二巷では夜にインスタントラーメンだけを売る店がたくさん並んでいたが、今でも続いているのは薛さんの店だけだ。「私たち中国北方出身の人にとって、夜食といえばインスタントラーメン。インスタントラーメンは簡単で、すぐできるし、お腹も膨れる。インスタントラーメンの店をやりたいと思って始め、いつの間にか何十年も経った」と薛さん。(提供/人民網日本語版・編集KN)