日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録したもの。三者三様の変わりように注目!

今回、集まったのは、この三人。

左:ロバート
中:マーヴィン
右:グラハム

今まで、マリファナを
吸わなかった理由は?

マーヴィン
「俺の理由は、タブーだったから。教会のある環境だったので、見たこともなかったよ」
グラハム
「特に興味がなかったからね。友人は吸ってたけどあまり関心がなかったんだ」
ロバート
「いい印象を持てなくてね。その世界に踏み込みたいと思うこともなかったなぁ」

マリファナ初トライに向けて、若干、緊張している様子。そこに、スタッフから、ボングという大きなパイプが手渡される。すると…。

グラハム
「死んだスカンクのような匂いがするな。唇はこの中に入れるのか?ポルノみたいだな」

マーヴィン
「俺はタバコの方が慣れてるから、紙で巻いた方で試すぜ。臭いな、んー変な気分だ」

(3人とも咳き込む)

ロバート
「咳止め薬が欲しいな」

10分後、3人は揃って
ハイな状態に

マーヴィン
「水槽の中の魚だな。皆みてる。(中略)もう、たくさんだ。俺は酒を飲む方だけど、こいつは比べものにならないぐらいぶっ飛ぶ」

ロバート
「1・2の3で画面まで泳いで、変顔だ」

グラハム
「試してみなって!わしゃこっちの方が好きだな。少なくとも運転はできるさ」

20分後、スタッフに吸引器具であるヴェポライザーが手渡される。この時の3人の反応がオモロい。

マーヴィン
「最新式
のものか。両サイドが開くんじゃないのか?

ロバート
「どうやらそうらしい。こっちを押すと震えて、おー」

グラハム
「あれ、色が変わってるよ。懐中電灯?色が変わった」

(吸引中)

ロバート
「なるほど。これは、すごいぞ。これ吸ったら、なんだか変わってきたぞ」

32分後
ドンギマリ状態に…

32分後には、右のマーヴィンがドンギマリ状態に…。もう、ほとんどノックダウン。

グラハム
「なんかちょっと…いやなんでもない。何を言おうとしたのか思い出せないや」

マーヴィン
「いいから言ってみろよ」

ロバート
「そうだよしゃべってみろ。そうすれば自然に出てくるさ」

グラハム
「なんだっけ。口の中が、もさもさしてる。ピーナツバターみたいだ」

40分後、スタッフから質問が出される。「死後の世界を信じるかい?」。グラハムはもう、半分寝てる。

マーヴィン
「ああ。6フィート下に埋められるんだ。 俺はそうとしか思わんがね」

ロバート
「魂はあると思うぞ」

グラハム
「(驚きながら)何も聞こえなかったんだけど…」

53分後、ロバートがいきなり饒舌に。話す内容は、何なのかよくわからないが(笑)。マーヴィンは、スタッフからの質問「合法化されるべきだと思うか?」にストレートに答えている。グラハムは、相変わらず夢心地だ。

グラハム
「頭も腕も動かしたくない。眉毛も動かしたくない」

ロバート
「なんだか感覚が変わってきたぞ。たとえば緩い洋服を着なれていたのに、突然ガムテープで全身縛られているみたいな。肌の感覚が違うみたいに。今そんな感じで、脳みそが頭の3倍くらいある感じだ」

マーヴィン
「合法化されるべきだな。違法化されるべきじゃなかったんだ。そう思う。そうだろグラハム?ええ?そう思うだろ?」

グラハム
「超リラックスしてるよ」

さて、三者三様の結論とは?

65分後。ついに、吸引してから1時間以上が経過した。すっかりできあがっている3人。スタッフからは、最後の質問が。「今、マリファナについてどう思う?日常で使用しようと思う?」

マーヴィン
「ノーだな。想像もできねえ。落ち着かないんだ、今起きてることすべてが」

ロバート
「なんとも言えないな。けど、オープンな心を持っていると思うよ。この感覚は変だ。この変な感覚についてどう思うかはわからないけど」

グラハム
「ええっと、吸いたいな。でももっとゆっくりとね。大丈夫。
ただ超リラックスしてるだけ」

スタッフ
「いい意味で?」

グラハム
「もちろん。ふわふわしてるよ、もっとやりたいな…」

Licensed material used with permission by Cut,(YouTube),(Facebook),(Twitter)