三村マサカズ(さまぁ〜ず)

写真拡大

10日深夜放送の「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」(テレビ朝日系)で、さまぁ〜ずの三村マサカズが、大人になったと感じた瞬間を告白した。

番組冒頭、三村が「『こうなれば大人になった』みたいなの、よく訊かれんじゃん?」「大人になったと思う瞬間、1個いいの見っけた!」と話題を切り出す。続けて、「どんなに夏でも長袖を持ち歩くようになった」「この(半袖の)ままで居酒屋とかに行く勇気がない」と明かすと、相方の大竹一樹も「はい。ないです」と頷く。室内の空調が効きすぎていることがあり、寒さ対策だというのだ。

大竹は10年程前から長袖を持ち歩いているそうだが、三村はここ2〜3年で変わったのだとか。三村も、店内で長袖を着て体温調節したり、冷房の風を直接受けないような席に座るようになったという。「大竹のその気持ちわかんなかったけど、最近すげえわかるようになってきた」とも話した。

すると、大竹は得意げに「やっと俺に追いついてきたでしょ!」とボケる。すかさず三村は「別にお前が進化してたわけじゃなくて、俺が老いてきた」とツッコミを入れ、観客の笑いを誘っていた。

【関連記事】
坂上忍 三村マサカズの「代わりがいる」発言に感心「さすがだな」
さまぁ〜ず・三村マサカズが狩野英孝に苦言「代わりがいる怖さを味わうのだな」
三村マサカズ NON STYLE・石田明にエール「二人ダメキャラだってありじゃん」