CALD関係者に記念品を贈る蔡英文総統(左)

写真拡大 (全2枚)

(台北 11日 中央社)蔡英文総統は11日、台北市内で女性の権利や役割について話し合う国際会議に出席し、陳水扁政権(2000〜2008年)で副総統を務めた与党・民進党の呂秀蓮氏を「台湾の民主化において欠かせない力」だと称賛した。

同会議にはアジア各国の政党や国際女性権利団体の代表者らが参加。アジア・リベラル民主評議会(CALD)と民進党が主催した。

(呂欣ケイ/編集:名切千絵)