写真集の発売記念イベントに出席した原幹恵

写真拡大

 女優の原幹恵(30)が11日、都内でラスト写真集「my treasure」発売記念イベントに出席した。


 同作は5月にグアムとパラオで撮影。表紙はバストトップを腕で隠したショットを使用した。セクシーショットが満載で「過去最大の露出です」と宣言するほどの自信作だ。


 原は「私たちのクルー以外は1人もいないビーチで、すっぽんぽんで撮影しました。誰もいないので、休憩時間はすっぽんぽんで泳いだりもしました」と笑顔を見せた。


 初めて訪れたパラオでの撮影では、ハプニングにも見舞われたという。


「ミルキーウェイというビーチでは、ミルクのような泥を塗るとお肌がきれいになるというので、塗りたくったんです。でも、数日たってありえないぐらいの湿疹がたくさん出てきて、1か月くらい肌がボロボロでした。私の肌には合わなかったんですかね」


 7月で区切りの30歳を迎えたことで、グラビアを卒業。今後は女優やバラエティーのほか、下着ブランドを手掛ける夢もあるという。


 原は「グラビアは12年やってきたので、ラストにさせていただきました。撮影前から特別な気持ちで打ち合わせにも参加させていただいて。撮影中はいろんな気持ちがこみ上げてきました」と告白。女優として挑戦したい役柄を問われると、「宇宙人とかやりたい(笑い)。人間じゃない、ビックリするような役をやってみたいですね」と意外な願望を語った。