高校野球はいつまで、炎天下の真っ昼間に試合をするのか? 鴻上尚史が日本の夏に思うこと

写真拡大

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 暑いですなあ。暑い時に暑いって言うのは、なんとも芸がなくて嫌なんですが、しかし、暑いもんは暑いです。

 もう、日本は亜熱帯気候になったんだよねえ、とずいぶん前に、この連載で書きました。だから、ジャケット着用のビジネスマンを街で見ると心底、同情します。

 おいらは、7月1日から8月31日までは半ズボンと決めています。冠婚葬祭以外、相手がどんなに偉い人でも、どんなに正式な場所でも、この二か月はとにかく半ズボンです。

 この前は、文部科学省の人に呼ばれて、ある案件について話しましたが、半ズボンでした。昔、高校演劇コンクールの全国大会で審査委員長を務めましたが、半ズボンでした。

 政府の人達は「かりゆしウェア」を推進しようとしていますが、どうせなら「半ズボン」もお願いしたいと思います。この国はそういう気候になってしまったのです。

 ただ、ここ数年、流行としては、半ズボンの長さがどんどん短くなっています。新しいのを買うと、膝上の丈で、小学校低学年か! という突っ込みを自分に入れるぐらい恥ずかしいのです。毛も剃ってないですし、あんまりたくさんの部分を見せるものではないと思って、僕は必ず膝下丈のものにしています。どうでもいい話だと思ってるでしょう? でも、僕なりのエチケットです。

 今の子供たちは、僕の子供の頃のように、夏を楽しみにしているんだろうかと思います。こんなに暴力的で凶暴な暑さの夏は、嫌になってるんじゃなかいと心配するのです。

 ニュースでは、海水浴客がどんどん減っていると言っていました。いろんな事情があるんでしょうが、僕は勝手に、海に行くとクソ暑くて、ベタベタして、砂がついて、海の家はクーラーが効いてなくて、なんてことが理由だと想像してます。

 さて、半ズボンでタクシーに乗ると、ものすごく冷えている時があります。そういう時は、ほぼ間違いなく、タクシーの運転手さんがジャケットを着用しています。タクシー会社のマニュアルというかルールだと思います。

◆2020年炎天下で東京五輪

 弊社のドライバーはシャツだけじゃなくて、ジャケットも着用して、お客様を丁寧におもてなししていますよ、ということですね。

 でも、この夏ですから、当然、運転手さんは暑くてたまりません。当然、冷房を強めに効かすことになります。で、乗客の僕は寒いのです。まあ、半ズボンの人は少ないとは思いますが、半袖やTシャツやノースリーブの服を着ている人は間違いなく寒いです。

 いったい、誰のためのジャケットなんだろうと、そういう時、思います。お客さんのためを思って、ジャケットを着用して、冷房をガンガンに効かす。で、夏服のお客さんは寒さに震える。サービスとはなんだろうと思うのです。

 そもそも、レストランとかお店でも、お客さんじゃなくて、働く人が暑くならないための温度設定の場合が多いと感じます。すごく冷えているケースです。

 オフィスだと、ジャケットを着た人向けの温度設定の場合です。

 屋内で寒さに震え、屋外で暑さに死ぬ繰り返しがつらいのです。

 もう日本の夏は屋外で運動する気候ではなくなっていると思います。

 高校野球はいつまで、真夏の炎天下の真っ昼間の試合を続けるのでしょうか? 毎年、熱中症で脱水症状になった選手や応援団のニュースが流れます。でも、試合は続きます。たぶん、重篤な熱中症で何人かが死なない限り、真夏の試合は続くのだと思います。せめて、昼12時から3時までは試合を中断しようとか、思い切って、秋に試合を動かそうとか、大胆なことを提案する人はいないのでしょうか。

 長く続く伝統を変更することは、たぶん、日本人が最も苦手とすることだと思います。誰も最終責任を取らないまま、粛々と炎天下の試合と熱中症や脱水症状が続くのです。

 で、炎天下と言えば、2020年7月24日から8月9日まで開かれるオリンピックですよ。この暑さで、マラソンするんですよねえ。本気なんでしょうか? なんで、こんな真夏にやるんでしょう。

 マラソン選手がバタバタと熱中症で倒れたら、誰が責任取るんですかね? 誰も取らないんでしょうねえ。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中