雨上がり決死隊の宮迫博之

写真拡大

 不倫疑惑を報じられた、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が11日、金曜日のMCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜、前11時55分)に出演。2人の女性と都内ホテルでそれぞれ2人きりになったことなど報道の一部について事実を認め、「一線を越えてないから『オフホワイト』なんです」などと釈明した。

 週刊文春によると、宮迫は7月14日と21日に、都内の高級ホテルでモデルの小山ひかる(26)と密会。また同月25日には、同じホテルで美容系ライター・A子さんとも密会したという。

 宮迫はレギュラーMCの坂上忍らから今回の二股不倫疑惑について「シロかクロか」の色を問われると、最初は週刊誌の取材と同様に「オフホワイト」と答えた。

 番組ではこの「オフホワイト」について名言とも紹介されたが、宮迫は共演陣との質疑トークの中で、「相手には断られたが、一線を越える気持ちがあったということは同罪」と、女性を同宿に持ち込んだ行為自体を反省し、「一線を越えてないから『オフホワイト』なんです」と説明した。そして、坂上から今回の疑惑について、再度念を押すように「何色ですか」と問われると、「グレー!」と声を絞り出して、「一線越え」の意思があったことを認めた。

 2人の女性と計3回ホテル宿泊を報じられたことを「事実」と認め、「僕がちょっと調子に乗っていたというか。もしかしたら、(セックス)できるかも、と。魔が差しまくったといいいますか」とホテルに誘った時点で、一線を越える欲望があったことを語った。

 一方で、「酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に(女性としようと)頑張ってみたんですが、(女性に)お断りされて。結果、それが3回繰り返されて、結局3回フラれているという…」と釈明し、一線は越えていないという主張を展開していた。